ブログトップ

あさのは

asanoha2.exblog.jp

エアコンと石油ストーブ 徹底比較




エアコンと石油ストーブ、どちらが経済的か?

という実験をした。


【12月】 石油ストーブのみ
【1月】 エアコン・ホットカーペット

電気代・灯油代あわせて、一体どっちの方がお得なの!?




結論から言うと、「トントン」でした。









厳密に言うと、「エアコンの方がちょっと安い。千円くらい」。



その上、外気温を考えると、1月の方が断然寒かった。
それでもエアコンの方が安かった。
つまりエアコンかなり優秀。



ちなみに石油ストーブは
「ファンヒーター(コンセントつなぐやつ)」と
「純粋な石油ストーブ」。
「寝室はファンヒーター」「居間は石油ストーブ」という使い分け。

エアコンは寝室・居間ともに「省エネタイプ」のものです。



両方を使ってみた感想としては、
まずエアコンが寒い。

20℃設定にしててもこんな寒いん?と思った。
部屋の壁の温度計見たら13℃とかやった。どうりで。
でもエアコン自身は「今は20℃じゃい」と言い張っていた。
あったかい空気が、上の方ばっかりにいってるせいかな?


あとやっぱり乾燥。
肌の乾燥具合がとっても顕著。
もう手の甲とかシワシワやし。
目のまわりとか、ほんまやる気出せよって感じ。
肌トラブルはすべてエアコンのせい。
自分のせいじゃない。


エアコンの利点は、給油の手間もないしお手軽。
火の心配もいらない。
予約タイマーとかもできて便利。
乾かない洗濯物を干しておけば、勝手に乾く。




石油ストーブは、ちょっと火が怖い。
カーテンとか洗濯物に燃え移って家事になって、全焼どころかお隣さんにまで燃え移ったらどういう責任をとればいいんやろうって思う。


あと部屋があったまりすぎる(温度設定できない)。
気付いたら30℃くらいになってる。オイオイ。


2日に1度の給油も、じゃまくさいと言えばじゃまくさい。
あの赤いシュコシュコで給油をしようとして、はじめに「シュコシュコ」してホースがある程度の重みをもって安定する前に、ドゥルン!ってホースの先がタンクから飛び出して灯油をまき散らしたりするから。



でもそれを補ってあまりあるほどの魅力が
石油ストーブにはあると思う。



《石油ストーブの魅力》

・火が見える。視覚的にあったかい。
・お湯沸かせる。
・熱燗できる。
・焼きいも焼ける。
・加湿器のかわりになる。
・かなりあったかい。




あと大事なのは、石油ストーブやとガス代が若干浮くはずやよな。
なにかとお湯って沸かすしな。
その分のガス代が浮くのは、けっこう大きいんちゃうか。
プロパンやしな。

「ガス代の大部分はお風呂やで」と母親に言われようとも石油ストーブを使用することでガス代節約に大きく貢献できる可能性を訴えるで。




ここまでをご覧になってもおわかりになるでしょうが、
心情としては断然「石油ストーブ派」です。
夫婦ともども。

だから正直「1月の電気代3万」くらいいってくれた方がよかった。
ちきしょうエアコンの方がお得なんかい。




なので、2月からはどうしようかな。

うまく石油ストーブとエアコンを両立させていきたいと思う。


朝と晩は石油ストーブで、日中はエアコンとか。
居間は石油ストーブで、寝室はエアコンとか。


来週も寒いみたいやし、なんとか快適にこの冬をのりこえたい。



でも冬のいちばん寒い時期はハワイに行きます。
日本脱出という裏技。
[PR]
by asano_ha | 2012-01-27 18:14
<< 洗濯物を取り込みに外に出たら雪... お年玉付き年賀はがきあるある >>