ブログトップ

あさのは

asanoha2.exblog.jp

アトピーについて




アトピーの人ってどのくらいの割合でいるんか知らんけど
娘はアトピーの「け」があるようだ。


私自身も3歳くらいまではアトピーだった。
顔や体に、赤いぶつぶつがいっぱいできてたみたい。

そんな話を親からよく聞いていたから、アトピーは割と身近だったし
「みんな通る道やろ」くらいに思って、なめていた。

そして案の定、娘も同じ道を通っている。



でも実際、アトピーの症状を目の当たりにすると…

ナーバスになる親の気持ちはよくわかる。

患部が赤くなってかゆそうやし、
ひどい部分はパックリ割れて、ただれたり…

それでも娘は全然ひどくない方なのだ。
もっとキツイ子どもさんを持つ親御さんは、それは辛いよ。



そして病院で出されるステロイドのお薬…


6月中旬にはじめて受診したとき、ステロイドのお薬をもらった。
(中でも弱いもの)

それから一週間、寝る前にぬった。
キレイに治った。
しかしさらに一週間後、治った部分がカサカサしてきた。
徐々に赤くなって元の状態に戻ってしまった。


「ぬれば良くなるのはわかっている。でもステロイド。このままぬってもいいのかな」


そして先週の金曜日に再度受診した。
できればステロイド以外のお薬をいただきたい旨も伝えた。


先生いわく

「ステロイドは確かにアトピーを根本的には治さない」
「ただ、アトピーの傷口があることで、食物アレルギーになる可能性が高まる」
「それを防ぐ目的でステロイドを使うことは意味がある」
「アトピー自体は、成長とともに治まっていくことが圧倒的に多い」
(↑体が脂分を出せるようになるから?)



アトピーの傷口と食物アレルギーの関係ね!!


このあいだ「すくすく子育て」で言うてた気がする。
傷口から食品の成分が入り込んでアレルギーになるらしい。
先生は、ちょっと前報道されてた、洗顔石けんのせいで小麦アレルギーになった件を例として挙げてはった。


傷口をバリアする意味でステロイドも使っていかなあかんのかもしれん。

ただし「だらだら」ではなく「ガッとぬってガッと治す」が鉄則なのやろうけど。



あと調べたら、体の部位によって「ステロイドの吸収率」が全く変わってくることもわかった。
顔とか頭はたくさん吸収してしまうけど、
手足はそれほど吸収しないみたい。
娘は幸い手足に症状が出てるので、ぬってもさほど影響はないのかも?



とはいえ、できる限りステロイドに頼りたくない気持ちはある。

なので、この間の受診では「ステロイド以外のお薬」をもらってきた。


「プロペト(白色ワセリン)」


ワセリンなので、薬というより保湿剤。
アトピーを治すには「洗浄と保湿」が大事らしい。
その日からもう体中べっとべとになるまでプロペトをぬりたくってる。

体中をべとべとにし、患部はこてこてにしている。


そのおかげか、
カサカサしていた部分も
ぱっくり割れてただれていた部分も
見事!キレイになってきた。

プロペトすげーーー!!!!



もちろん今後どうなるかわからないけれど、保湿でしのげるうちは、

一に保湿!二に洗浄!!でアトピーと付き合っていこうと思う。


ステロイドもあるしね。
上手に使っていくぜ!
[PR]
by asano_ha | 2013-07-08 22:57 | 子育て
<< 離乳食の具合 「寝返り楽しいぜー!」 >>