ブログトップ

あさのは

asanoha2.exblog.jp

10ヵ月、言葉の理解度



最近、娘の「大人の言葉がわかってる度」が急上昇してきている。



【パチパチ】

「パチパチして」と言うと、パチパチする。
目の前で大人がパチパチしても、真似してパチパチする。

今日は絵本を読み終わったらパチパチしてた。
そ、そんなこと教えてないのに!
「ええ話やった~パチパチ」っていうパチパチ!?
「お母ちゃん読んでくれてありがとう」っていうパチパチ!?
なんなん、その礼儀作法!
うちのこ天才なん!?

と思ったけど、夫に言ったら
「本を閉じた手つきがパチパチに見えただけでは?」と言われた。
ですよね。



【バイバイ】

出社する夫にむかってバイバイする。
家に帰るアキさんにむかってバイバイする。
「おかあさんといっしょ」がおわるときにテレビにむかってバイバイする。
なんだったら「もうすぐバイバイのシーンやな」というのを予測して食い気味にバイバイする。

あ、でも「バイバイして」と言ってもバイバイしてくれない。
だからバイバイに関しては、言葉は理解していないのかも。



【もしもし】

娘が携帯を持っているときに「もしもしは?」と言うと、携帯を耳に当てる。
感動した。



【手を合わせてください。ごちそうさまでした】

おとついくらいから夫が急にやり始めた。
そしたら結構すぐにできるようになった。
こっちが何の気なく「ごちそうさま」とか軽く言っちゃうと、
「あれ?やらへんの?あれやろうよ」とキラキラした目で見つめてくる。



このことから
「親が思ってるより子どもは成長していた」のだと気付いた。


たぶん
成長していたけど、
出来るようになっていたけど、

「こんなのまだまだわからへんやろう」と我々が勝手に思っていて
チャレンジさせなかっただけなのだ。
だから「急にできるようになった」と感じてるだけなのだ。





今日は卵アレルギーの減感作治療の一環で、
ヤマザキの薄皮クリームパンを丸一個食べた娘。

この前まで液体しか飲めなかったくせに、
もうあんなクリームパンを食べられるなんて。
なんかすごいな。




「大きくなるのはうれしいけど、ちょっと寂しい」なんて思ってたけど、

いやいやいや。

大きくなって「コミュニケーションのバリエーションが増えた可愛さ」は、
その寂しさをかき消す威力がありますな。
[PR]
by asano_ha | 2013-10-24 23:31 | 子育て
<< 掃除欲 歌う育児 >>