ブログトップ

あさのは

asanoha2.exblog.jp

雅楽茶



昨日、中崎町の「雅楽茶」というカフェに行った。


すっごい細い路地にあるのに、テレビ番組のシールが3つくらいは貼ってあった。
魔法のレストランとか。
どうも有名っぽい。


カフェって言うか、お茶屋さん?

茶葉の種類を選んで、自分でお茶を淹れて楽しむお店だった。
お座敷なので子供連れでも入りやすい。
娘もごきげんさんだった。



「同じ値段なら飲み物より食べ物を注文しないと損」

という思想のわたしですが、全然そんな風に思わなかった。


それは別に「ひとつの茶葉で何回も淹れられてお得」と思ったからではない。
「650円でおなかちゃぷちゃぷになるまで飲めてお得」と思ったからではない。

「お茶を淹れる」ことが楽しかったから。
「大人なひととき」を楽しんでるように思えたから。




まぁ大人っつっても、もう30歳なんで当たり前ですけど。
とうの昔に大人ですけど。

いつまでも
「何の腹の足しにもならないガムの存在意義がわからん」
とか言うてたらダメですね。





c0186262_19050640.jpg


娘、がんばって掃除してくれ。





[PR]
by asano_ha | 2013-11-18 19:07 | 日々
<< 「夜泣き」でした。 キャンプ >>