ブログトップ

あさのは

asanoha2.exblog.jp

夏が終わって嬉しくてたまらない人間がここにいます



エアコンをつけなくても涼しいことが、こんなに幸せとは。

ここ数年めっきり夏が苦手になってしまった。
20代半ばのときは、そんなことなかったのになぁ。


7月10日から始めた「毎朝ピクルスを大量摂取する生活」は、もうすぐ2か月目に突入する。
肌がつやつやになったりお通じがよくなったりするのかなと期待したが、
今のところ、これと言った変化はない。
変化はないが、先日会った鍼灸師の友人に「体冷やすよ」と言われた。

ガガガガガガビーーン

死語と言われても、今の気持ちの表現はガビーンでしかない。

せいぜい根菜漬ければと言われたので、次からは人参を気持ち多目にしてみるよ…ガビーン…


今日は次女の後期検診だった。

次女は今生後10ヵ月である。

彼女は生後9ヵ月に躍進し、ズリバイ・ハイハイ・つかまり立ち・パチパチ・ゆびさし・イナイイナイバア、果ては「バイバイと言いながらのバイバイ」をするようになった。もう喋るんかや…
先日はシールを誤飲し(立体感あるやつ)、今日はカッターの刃を誤飲したかもしれないと言って親を震撼させた。たぶん単なる糸くずでした。


そんな成長著しい次女は「筋肉質ですね!」という先生の評価をいただいた。
こんな赤ん坊で筋肉質とかあるんやな。
それを夫に報告したら
「筋肉質っぽい顔やもんな!」と言われた。
筋肉質っぽい顔ってどんな顔やねん。
なんかわかるけど。
ムキムキの体に次女の顔合成したらしっくりきそうやけど。


そんなムキムキ次女は、わたしの膝枕がお好きな様子。
1mくらい離れたところからハイハイで来て、膝によじ登ってコテンと寝ちゃう次女はかわいすぎる。
眉毛うすいけど。


明日は長女の幼稚園の説明会第一弾。
第一弾とか言ってるけど、第二弾までしか予定ない。

入れなかったらもう公立でいいんや。
[PR]
by asano_ha | 2015-09-04 21:56 | 日々 | Comments(6)
Commented by 久P at 2015-09-06 23:23 x
うちの下の娘は、蚊取りマット(水色のやつ)をカミカミしてたよ、夜中に。
あわてて日赤に行ったけど、あれって「無毒」なんやって!

そして、兄妹二人とも11ヶ月から保育所入れてたのよ。つかまり立ちも、歩いたのも、しゃべったのも全部保育士さんとの日誌のやり取りで知らされた。

それでもしっかり育ってくてれるよ。

徳洲会も大きくなったけど、第二岡本もめっちゃ大きくなるで(来春久御山にオープン)!
Commented by うなπ at 2015-09-06 23:59 x
ピクルスをピルクルに空目したけれど「ああ確かに美味しいよね、でも毎朝大量摂取とかマイケルさんすごいなぁ」と思いそのまま流しかけてました。

姉の次男坊も眉毛が薄い。
第2子は眉毛が薄くなる法則が見えてきた。
Commented by ちゅうた at 2015-09-08 01:39 x
人様のコメントに食いつくなんてと思いながら…
第二岡本どこ行くねん!!久御山て…!!!!
おらん間に故郷は変わっていくもんやなぁ…

こないだはありがとう!
こはるちゃんのツッコミが忘れられへん今日この頃やで。
Commented by asano_ha at 2015-09-08 10:48
しゃがさん。

第二岡本って岡本病院ですか?いま伊勢田の?
うちの母が徒歩で通ってるのになんで久御山やねん!城陽からじゃさすがに歩けへん!シャトルバスが出たとしても不便じゃわい~

あの水色の、煙出るやつ無害なんかや!毒ありまっせみたいな顔して無毒なのは芸人やったら致命的ですね。ベープマットよ、芸人じゃなくてよかったな。
幼稚園、いま目星つけてるのが2箇所あって、なにもかもが正反対なんです。規模とか。どこに行くことになるのやら。
Commented by asano_ha at 2015-09-08 10:53
うなp。

眉毛が薄いだけでものすごくチンピラ感増すよな。
逆になぜチンピラは眉毛が薄い・剃っているのだろう。ある程度の地位じゃないと、沿ってはいけないとかの眉毛ローカルルールがあるのかな。チンピラに興味がわいてきた。

第二子は鼻の下が長い、という法則も発見してくれ。
Commented by asano_ha at 2015-09-08 11:00
ちゅうt。

こちらこそ遠方から、しかも貴重な時間を使って来てくれてありがとう。fbに観光ツアーの写真お友だちがあげてたな。笑顔の裏の大変さがうかがえたわ(笑)

故郷かわるよな。うちのなかで一番の故郷の変化は、宇治橋商店街のまんなか(ナツカの向かい)にでっかいマンションが建ったことやわ。。
<< 2才児0才児と行く、鳥取島根旅行記 反省の日々 >>