ブログトップ

あさのは

asanoha2.exblog.jp

モヤモヤ親子教室


今日、次女と最寄りの保育園で行われた親子教室にいってきた。


その親子教室は18組の親子がメンバーで、子どもは2才前後。
9月から隔週で計6回行われ、我々親子は参加メンバーに登録されている。
その初日が今日だったのだ。


いやぁ。なんつーかもう、ねぇ。
面白くなかったんすよ。


こんなはずじゃなかったんすよ。


普通さぁ、こういうのってまぁ「面白くはない」ってことはあってもさ、「不快」ってレベルにはならんやん?
それがそのレベルまでいったんすよー。
集合写真のわたしの顔めっちゃこわかったんすよー。
不機嫌な人ひとりだけいるんすよー。

そのモヤモヤっとした気持ちをブログという公の場所でまとめてみますよ。







モヤ①「はじまりのうた」を毎日歌って覚えてきてくださいという言葉

親子教室がはじまるときに、ちょっとした歌を歌った。
ほんとうにちょっとした、歌とふりつけ。
これを「家に帰っても毎日歌ってください。そして次回までに出来るようにしてきてください」とサラッと言われた。

は?ここ学校なん?
家でも毎日はじまりのうたを?何もはじまらないのに??

2才の子を一体どうしたいねん。不快。


モヤ②絵本を座って見られない子がいるとふくれっ面の保育士

そうそう、書き忘れていたけれど、この親子教室には3人の保育士がいる。
MCの保育士はおそらく50代後半と思われるおばさま。
あとの二人は40代くらい。

そしてそのMC保育士が、どうも合わないと感じた。

はじまりのうたも終え、エビカニクスを人一倍はりきって踊った後(わたしが)、絵本タイム。
MC保育士がちいさな椅子に腰掛けて絵本を読み出す。
絵本がはじまるのでかけよる2才のこどもたち。
でも2才だもん。座って見ることなんかできません。
でも座らないと後ろのお友達が見れないよね。
だから座ってほしいんだ。その気持ちはわかる。

だからってプロの保育士が、言葉掛けもそこそこに、力づくで座らせようとするのってどうなの?

「立ってるとお友達が見れないよ。座ろうね」
という言葉はなかった。

「座ってねー」 →両脇に手を入れて座らせようとする。

それでも座らない子どもたち。
したら出たよ。
ふくれっ面。
おばはん、ふくれっ面で絵本読んでたよ。
プロの保育士、不機嫌アピール。不機嫌アピールで子どもを従わせようとしている。不快。

そして立っていた子が何の気なしに座ったら、

「まぁ〜〜おっちん出来たの!えらいねぇええ!」と激褒め。いやキモイ。
(しかしその子はその後すぐ立った)

「思う通りになる子は認める。あとは認めない」というのが全面に出ていた。
すげー古い保育って感じがした。


モヤ③集合写真をとるときの集合にカウントダウン

初回ということもあり、親子全員で集合写真を撮ることに。
するとMCはこう言った。

「はい、じゃあ10数える間にここに集まってくださーい。10数えたら写真とりまーす」


え?え?
集合写真をとるための集合にカウントダウン??
チンタラしてたら写真にうつりませんよっていう脅し??
お前らどうせ放っといたらチンタラするんやからなって思われてんの???


超 絶 不 快



思いついたのは以上。

保育園の方針か
そのベテランMC保育士のやり方かわからないけど(たぶん後者)
今まで行ってきた親子教室との違いに

驚き

戸惑い

嘆き

苦しみ

もうちょっとで途中退場するところでした。


なんつーかその保育士。
親も子どもも「自分の思い通りにできる、思い通りにしていいコマ」かなんかと思ってるんじゃないかと。
2才の子やで。
絵本おとなしく座って見られへんのなんか普通やん。別にそれでいいやん。
あんたが腕高く上げて読むなり、立って読めばいい話やん。
はじまりのうた、覚えてても覚えてなくてもいいやん。
覚えてるけど気持ちがのらへんから歌わない子がいてもいいやん。


言っとくけど、うちだって不機嫌アピールして子どもをコントロールしようとすることあるで。
でもそれがあかんことは知ってるし、そうしないように努力してるで。
力づくでする前に、言葉掛けする努力してるで。
でもこの保育士はそれがあかんことすら知らんねん。
それが正しい方法やと思ってやってるねん。
それがむっちゃ腹立ったわー。


たださ、自分がどんなに不快でも、子どもが楽しいんやったら行くべきよなーとも思うわけですよ。
先生のやり方が合わないからって逃げてたらこの先どうすんねんとも思うわけです。
…まぁ次女はそこまで楽しかったわけでもなさそうやねんけどな。

お母ちゃんがムッとしながら参加しつづけるより、すっぱり辞めてふたりでニコニコ関西スーパー行く方が、次女的には楽しいかもね。


ということでした。

はー、そこの保育園に入園することがなくてよかった。
長女の行ってる幼稚園がとてつもなくすばらしく思えた。
自由保育万歳。
[PR]
by asano_ha | 2016-09-27 22:12 | 子育て | Comments(0)
<< 今日のけんかの原因 後遺症 >>