ブログトップ

あさのは

asanoha2.exblog.jp

ママ友とお茶


幼稚園のお母さん(あえてママ友と呼ぶぜ)とお茶して、日頃のあれこれについて愚痴った。
そのママ友さんとはタイプが似ているらしく悩みも似ている。
ついでに子どもの年回りも同じ。(5才3才)

共通の悩みは「子どもの意思を極力優先するように心がけているが限界まで来て爆発しヒステリーを起すのが辛いよね」というもの。

公園で遊ぶのはいいが時間になったら帰ろうぜ。
最終の時間(うちなら16時)までは延ばせるがそれ以降になるとお母ちゃん爆発するぜ。
↑これ典型

たとえば寝かしつけのとき。

大人はA地からB地に一直線で行けるが、子どもはちょっと楽しそうなもの(例えばたたんだ掛け布団とか)があるだけで横道にそれる。
大人からするとまどろっこしくて仕方ない。
なんかい掛け布団にダイブすんねん!はよ絵本選んで寝させろや!!となります。大人なら。
そこで怒鳴るなり不機嫌アピールするなりして、なんとかB地に連れて行こうとする。
こっちだってできるならそんな方法使いたくない。


でもママ友さん曰く、「横道にそれても放ってたら自分でB地に行くよ」と。
「ピアノの練習しいやって言ってもしばらく遊んでたけど放ってたら自分でピアノの練習始めた」というエピソードを添えて。

そうなの?こっちが辛抱して待てば、嫌な方法を使わずにB地に行ってくれるの?信じて待つってそういうことなの?



大人になるにあたって、最短距離でA地からB地に行くように訓練されるじゃないですか我々って。

あたりまえよな。
仕事中に掛け布団にダイブして遊んでたら怒られるもん。

でもその常識をがんがん裏切ってくれるよね子ども。
だからイライラするんすよねー。
辛抱して待つってーのが難しいけど仏の心でいっぺんやってみっかな。
ピアノのエピソードを思い出して。


そのママ友さんにもチェストベリーをおすすめしといた。効くといいな〜
一ヶ月ちょい飲んでるけど、なんかマシな気がするよ〜


[PR]
by asano_ha | 2017-12-15 11:44 | 子育て
<< メリークリスマス ニセイクメン >>