ブログトップ

あさのは

asanoha2.exblog.jp

カテゴリ:子育て( 59 )

後期検診いってきた



なぜか右の口角が切れ、左目にはめばちこが出来ました。
なにか悪いことしたんだろうか。



【後期検診にいってきた】

昨日、乳児後期検診にいってきた。

後期検診は「成長が著しい10ヵ月に行くのがおすすめ」らしい。
なので10ヵ月の今、いってきた。
まだ前進しないけど。


診察室に入るや否やギャン泣き。

身ぐるみはがされギャン泣き。
体重計に乗せられ、身長や頭囲をはかられギャン泣き。
先生の前に行くだけでギャン泣き。

「まだズリバイもしないんです」と言うと
はだかのままベッドに寝かせられ
母のもとへ前進するよう促されてギャン泣き。


検診結果は異状なし。

身長体重とも平均よりはすこし小さめだが、成長曲線内。
頭囲だけが平均より大きめ。
母譲りのこけし体型。

ズリバイ・ハイハイしないのも
「前進しなくても満足なのでしょう」とのこと。
「そのうちするでしょう、アハハ」だとさ。


ハイハイとかすっとばして、たっちする子もいるしなぁ。
うちの娘はそういうタイプなのかもな。





と思ったら、検診から帰ってきたらズリバイした。






今かい!






【卵アレルギー】

今日は卵アレルギーの減感作治療(チャレンジテスト)をしてきた。
今日で4回目のチャレンジテストだった。


※余談ですが、病院では「チャレンジテスト」と言うらしい。
だから受付で「今日はどうされました?」と聞かれたら
「チャレンジテストをしに来ました」と言えばいい。
ということに、チャレンジテスト4回目の今日はじめて気づいた。
ずっと「今日はどうされました?」と聞かれたら
「タマゴボーロ食べさせに来ました!」と元気よく言っていた。
とてもアホみたいだった自分を恥じた。



今日はヤマザキの薄皮クリームパンを1個半。

卵アレルギーがどうとかの前に「そんな美味しいもの食べていいんかい」。
家では出汁の味だけのスープとかやのに。
大人が食べても美味しいもん食べるんかい。
しかも1個半てけっこう多いぞ…



はい、ペロリでした。
よろしゅうおあがり。



しかも全く問題なし。
あの血液検査なんやってん。


先生いわく
「血液の数値より、実際に食べて症状が出ないという事実が大切」
「症状が出ていないのに数値を気にするのは、自分のことを隣のおっさんに聞くようなもの」


※あと、前にこのブログでも書いた
「見た目に症状が出なくても、皮膚のベースが悪くなっていく」というのは私の勘違いだった。
改めて今日確認してみたら
「皮膚のベースが悪くなるなら、症状は出ています」とのことだった。
なにかを勘違いしていた。前の記事のこの部分削除しときます。


ここの先生、若くて元気で適度にチャラくて、おもしろかったなぁ。
たぶん休日はサーフィンか、大型バイクでツーリングしてると思う。




はぁー!

連日の病院でした。
なにごともなく、いずれも超順調でよかったよかった。

あとは自分の体調を整えなければ。

めばちこ、しつこい。
[PR]
by asano_ha | 2013-10-31 22:17 | 子育て

10ヵ月、言葉の理解度



最近、娘の「大人の言葉がわかってる度」が急上昇してきている。



【パチパチ】

「パチパチして」と言うと、パチパチする。
目の前で大人がパチパチしても、真似してパチパチする。

今日は絵本を読み終わったらパチパチしてた。
そ、そんなこと教えてないのに!
「ええ話やった~パチパチ」っていうパチパチ!?
「お母ちゃん読んでくれてありがとう」っていうパチパチ!?
なんなん、その礼儀作法!
うちのこ天才なん!?

と思ったけど、夫に言ったら
「本を閉じた手つきがパチパチに見えただけでは?」と言われた。
ですよね。



【バイバイ】

出社する夫にむかってバイバイする。
家に帰るアキさんにむかってバイバイする。
「おかあさんといっしょ」がおわるときにテレビにむかってバイバイする。
なんだったら「もうすぐバイバイのシーンやな」というのを予測して食い気味にバイバイする。

あ、でも「バイバイして」と言ってもバイバイしてくれない。
だからバイバイに関しては、言葉は理解していないのかも。



【もしもし】

娘が携帯を持っているときに「もしもしは?」と言うと、携帯を耳に当てる。
感動した。



【手を合わせてください。ごちそうさまでした】

おとついくらいから夫が急にやり始めた。
そしたら結構すぐにできるようになった。
こっちが何の気なく「ごちそうさま」とか軽く言っちゃうと、
「あれ?やらへんの?あれやろうよ」とキラキラした目で見つめてくる。



このことから
「親が思ってるより子どもは成長していた」のだと気付いた。


たぶん
成長していたけど、
出来るようになっていたけど、

「こんなのまだまだわからへんやろう」と我々が勝手に思っていて
チャレンジさせなかっただけなのだ。
だから「急にできるようになった」と感じてるだけなのだ。





今日は卵アレルギーの減感作治療の一環で、
ヤマザキの薄皮クリームパンを丸一個食べた娘。

この前まで液体しか飲めなかったくせに、
もうあんなクリームパンを食べられるなんて。
なんかすごいな。




「大きくなるのはうれしいけど、ちょっと寂しい」なんて思ってたけど、

いやいやいや。

大きくなって「コミュニケーションのバリエーションが増えた可愛さ」は、
その寂しさをかき消す威力がありますな。
[PR]
by asano_ha | 2013-10-24 23:31 | 子育て

歌う育児



「無言で育児するな。しゃべることがなければ歌え」
みたいな教えを鵜呑みにしてます。



自分は、そんなにおしゃべり上手な方ではありません。

なのでよく歌います。

ちなみに歌も上手ではありません。
でも背に腹は代えられません。



娘のお気に入りの歌があります。

おかあさんといっしょの「今月の歌」はお気に入りになりやすい。
「今月の歌」は、10月なら「10月の歌」として1ヶ月間流れ続ける歌です。

「しわしわしわわ」「ぶんぶんぶらんこ」「カラスのかっくん」
歌うとじっと聞いてくれる。
ニヤリと笑うときもある。

ほかには「おもちゃのチャチャチャ」とか
「いぬのおまわりさん」などのオーソドックスな童謡。


新生児のころに歌いまくっていた「プライド」と「乾杯」は、
いつの間にか歌わなくなりました。
乾杯の歌詞があやふやなままに。





まぁ何が言いたいかというと、
いろいろ歌いすぎて飽きてきた自分がいてて、
そこでなぜか思わず歌いだした歌が「悪魔くん」のオープニングで、
しかもかなり歌詞を明確に覚えていて気持ち悪かったということです。


「メイプルタウン物語」のオープニングは
歌うたびに「MajiでKoiする5秒前とメロディがいっしょやなぁ」と思います。
[PR]
by asano_ha | 2013-10-23 22:38 | 子育て

すごいペースで病院に行っている



ここ1ヵ月ほど、娘はハイペースで病院に行っている。


ひとつは風邪のため。
ひとつは便秘のため。
ひとつは卵アレルギーの減感作治療のため。



減感作治療は、病院内でタマゴボーロを数粒食べ、
15分様子を見て異常がなければまた数粒食べ…を3回繰り返す。

なんやかんやして2時間くらい、いろんな菌が舞う病院の待合室にいる。

そして風邪菌をもらって帰ってくる(母子ともに)。


今日も娘はハナミズじゅるじゅるです。
でもお鼻ちゅんすると泣いて怒ります。
そしてうんちが出ない言っては泣きます。



あぁかわいい。


そんな娘は明日で生後10ヵ月。
今日も腹ばいからおっちんが出来ることにご満悦でした。

いつ前進するんだろうか、あの人は。
[PR]
by asano_ha | 2013-10-17 21:36 | 子育て

「うまれてきてくれてありがとう」



という絵本が、未だに泣かずに読めない。



帯の、8才の女の子の感想。
「おかあさんの子どもでよかったとおもいました」
なんやねん。めっちゃ泣ける。




娘も大きくなったらそう思ってくれるかな。

そう思ってもらえるお母さんになりたい。




c0186262_21554095.jpg

[PR]
by asano_ha | 2013-10-13 21:58 | 子育て

便秘対策


ところで10日ほど前から娘が便秘気味です。


原因はたぶん

・離乳食が進んでミルクの量が減ったこと
・その離乳食の内容に娘の消化機能が追いついてないこと
・離乳食が進んでるわりにズリバイもハイハイもしないので運動量が追いついていないこと
・善玉菌が減ってきたこと

だと思う。



毎朝バナナとヨーグルトを食べさせてたから、便秘にはならへんと思ってたんやけどなぁ。




お医者さんで診てもらうと、薬を処方するほどではないので(毎日出ることは出ていた)、生活習慣で改善していくようにとのこと。
最近はこまめな水分補給を心掛けている。
けど、まぁ劇的な効果はないよなぁ。




ちなみに便秘対策に有効なのはプルーンらしい。
今日プルーンを買ってきて、さっそく試した。



したら露骨に嫌そうな顔して泣いた。



うちも夫もプルーンとかレーズンが嫌いなんやけど、
好き嫌いって遺伝するんかなぁ…
同じく納豆もあかんかったし…






好き嫌いって遺伝するんかなぁ~遺伝っておもしろい☆

とか悠長なことを言ってる場合ではない。
便秘対策どないしよ。

あと大量に残ってるプルーンどないしよ。
[PR]
by asano_ha | 2013-09-30 21:58 | 子育て

おいしいシィ



なるべく食事時間を楽しいものにしたいので、
離乳食中はテレビを消し、たくさん話しかけながらご飯を食べさせるようにしている。


「ハイあ~ん」
「ぱくっ。もぐもぐ~」
「大きなお口じょうず~」

などの合いの手(?)のほかに、最近よく使うのがこれです。


「おいしいねぇ~。おいしい、おいしい、おいしいシィー!」



リズミカルに、コミカルに、そして小気味よいテンポで言うのがポイント。
かなりアホっぽいけど、娘も笑ってくれるので、ほぼ毎食これ言ってます。





したら今日
わたしが何の気なく「おいしいねぇ」と言ったら




あれ言うんやろ?

今からあれ言うんやろ?

おいしいシィ言うんやろーーー???




と、熱いまなざしでこっちを見る娘がいた。

もうおちおち「おいしい」って言われへんがな。
かわいいなぁもう。









なんやこの日記。
うち気色わる。
[PR]
by asano_ha | 2013-09-29 22:57 | 子育て

アトピーじゃなくて、乾燥肌+卵アレルギーだった。




先日、きちんと血液検査をしてきた。

その結果、
娘の肌荒れはアトピーじゃなくて乾燥によるものだった。
そして卵アレルギーだった。


別室に連れていかれ血を抜かれ、かわいそうだったけど、
ちゃんと調べておいてよかった。
原因がわかったから、これからは的を射た対処ができる。




TARC

この検査で「この肌荒れがアトピーによるものか」が
「一撃必殺で」わかるそう。

結果「アトピーではない」と。


そもそも子どもは3歳までは乾燥しがちなのだとか。
その中でも特に娘は油っけがなかったのだろう。
なのであと2年ちょいはスキンケアをかかさないことが大事。

「ずっと市販のベビーローションは塗っていたのですが…」と言うと
「効果は薄いでしょうね」とのこと。
コラージュDメディパワーという保湿ジェルをすすめられた。
これはすでに家にあり、娘の顔にだけ塗っていたもの。
割高だけれどセラミドがたくさん入っていて、アトピーの根本治療にも推奨されてるものなのだとか。
今後は体全体に塗るようにと。

うん、塗る。



食物アレルギー検査

卵白が陽性(クラス2)
卵黄・オボムコイド(つなぎの卵)が疑陽性

牛乳・小麦が、陰性であるものの少し値が高め


卵白はまだ食べさせたことがなかった。
卵黄は1個弱くらいを何度か食べさせたことがあった。
でもジンマシンなどの症状が出たことはなく、アレルギーはないものだと思っていた。

先生曰く「見た目に症状が出なくても、皮膚のベースが悪くなっていく」とのこと。
※↑10月31日に再度確認したところ、「皮膚のベースが悪くなるなら、症状は出ます」とのこと。何かを勘違いしてました。すみません。


アレルギーないし~と思ってガンガン食べさせていくとこやった。
調べておいてほんまよかった。


とりあえず1歳半まで卵は完全除去。
オボムコイドについては今後「減感作」療法をしていく。
(ちょっとずつ試していって、実際どれだけいけるのかを調べるらしい)



あとステロイド剤(娘がたまに塗っていたのはキンダベート)については

「7年間365日同じ個所に塗り続けてやっと副作用がでる」程度のものだから、普通に使う分には大丈夫ですと先生はおっしゃっていました。

もしかしたら、キンダベートくらいの弱いステロイドだけの話なのかもしれへんけど。
それを聞いてわたしは少し安心したので、一応書いておきます。




感想


あれま~
卵アレルギーでしたか~そうですかそうですか~って感じ。


前の職場で除去食ばっかり作っていてよかった。
給食室内の人間関係最悪やったけど、
つくづくあそこで働いておいてよかったなぁと思う。
[PR]
by asano_ha | 2013-09-27 23:15 | 子育て

かわいい



最近、娘がかわいくて仕方がない。


もちろん産まれてこのかた、ずっとかわいいのだけれど
今がいちばんかわいい。

着替えの時とか嫌がって嫌がって
ものすごい嫌がって
体も反り返りまくるけど

それも込みでかわいいわ~
生意気に反抗しよってからに~



娘が産まれて9ヵ月。
おなかの中のときから数えたら1年7ヵ月かぁ。

たった1年7ヵ月で、もう娘がいない人生なんて考えられなくなってるよ。
子どもってすごいなぁ。
[PR]
by asano_ha | 2013-09-24 23:16 | 子育て

生後9か月になった

c0186262_2265730.jpg



今日で9か月になった。


とは言っても、まだハイハイはおろかズリバイもしない。
おっちんも、うっかりしてると後ろに倒れてしまうレベル。

体の方の発達は、そんな感じのゆっくりペース。



ただ心は、すごく成長したな~と感じる。

なにより「いやだー!」という意思表示が、とてもはっきりできるようになった。




写真は、着替え途中のものである。

着替えを嫌がって、左腕を袖に通してくれなかったのだ。



着替えきらーい

お風呂もきらーい

おかゆばっかり続くのイヤー

今はおんぶしたくないー

今は一人になりたくないー
おかあちゃぁぁぁん!



そんな感じで
「いや!ちがう!」を表現するようになった。
抱っこしても、反り返って嫌がるで。




あとこれは、娘の性格なのかもしれないが、おもしろい発見をした。



あるおもちゃで遊んでいる。
そのおもちゃが遠くに転がって行ってしまった。
手を伸ばして取ろうとする。
でも取れない。
取れない…取れない…取れない……

…手近にある、別のおもちゃに手を伸ばして遊び始める……




これ、たぶん子どもによったら、「取れない!取れない!」で泣く子もいると思う。
一生懸命取ろうとがんばる子もいると思う。



でも娘は泣くでもなく、取ろうと頑張るでもなく
「まぁいっか、こっちで」みたいな感じで、ほかのおもちゃでお茶を濁していた。

よっ。この妥協上手。
いいねその切り替えの早さ。





そして、そろそろ離乳食を3回食に進めようかな~と思っている次第。

実は8月下旬くらいに、いわゆる「離乳食なかだるみ期」を迎えていた娘。

でも北海道生活で、がんがんベビーフードを食べさせていたら、
なぜか家に帰ってきてから、手作りもめっちゃ良く食べるようになった。


「ベビーフードの味に慣れたら手作りを食べなくなるのでは」
と懸念していたけれど、なんか、逆やった。

こっちの予想ってことごとく外れますな。
子育てってそういうの多いな。





あと毛髪もすこしだけ伸びてきたよ。
[PR]
by asano_ha | 2013-09-18 22:31 | 子育て