ブログトップ

あさのは

asanoha2.exblog.jp

カテゴリ:子育て( 54 )

ムチムチ



ムチムチっていうか

ムキムキに見えてきた。




c0186262_22212346.jpg



BCGのあとが根性焼きに見える。
[PR]
by asano_ha | 2013-08-07 22:22 | 子育て

ソフト軟禁生活



娘による軟禁生活中です。

いわゆる「後追い」というやつ。



私が部屋を出るとダメ、
私が見えなくなるとダメ。

泣かない時もあるけど、8割方ダメです。



1ヵ月くらい前から徐々に始まって、今に至る。
まだハイハイが出来ないので、ついてこられないだけ、まだマシなのだろうか。
いや、逆についてきてこられた方が楽なのだろうか。
今はひたすら抱っこして、いっしょに行動しています。



でもお風呂掃除とか、トイレとか、洗濯物とりこむのとか、
「両手を使う作業」を抱っこしながらはムリ。

だからスキを見計らって、
ササササーッと迅速に、
ひたすら迅速に終わらせるのです。





「別に泣いてても、ちょっとくらいならいいじゃない」
と、そう思われるかもしれない。
わたしもそう思っていた。

でも実際は、「泣いてる娘の機嫌のリカバリー」が大変なのだった。



「もお~~行かんといてって言ったのになんで行ったんよおおお~~!!」
と、涙も鼻水もボロボロ流しながら泣く娘をなだめるのはけっこう骨が折れます…



なので結果としてソフト軟禁状態になってます。
トイレは軽く我慢です。





後追いは、かわいい成長やけど、大変や。
部屋を出る「毎回」「毎日」泣かれると、けっこう滅入ってくる。
「そんなこと言ったって、哺乳瓶も洗わなあかんし、あんたの着替えも持ってこなあかんやん…」ってこっちが泣きたくなる。



でもその分、私の姿が見えたときの、
キャッハー!って笑う顔はめっちゃかわいいんやけどな。



はぁーー。

明日も軟禁がんばるぞぉー。
[PR]
by asano_ha | 2013-08-06 23:14 | 子育て

娘、早起きの謎



娘は早寝早起きだ。

夕方18時就寝の、朝5時半起床だ。


早起きはいい。健康的だ。
でもちょっと早すぎる。
もう1時間遅くてもいい。



そう思い、就寝時間を1時間遅らせて、19時に寝かしつけてみた。

したら翌日4時半に起きた。

なんでやねん。




もしかして
「寝室に差し込む朝日」で目覚めている?



寝室の窓は、すりガラスだがカーテンをしていない。

外が明るくなると部屋も明るくなる。


最近は5時半起床だけれども、
確か初夏くらいまでは6時まで寝てた気がする。

単純に日の出の時間が早まったからでは?





とりあえず、カーテンレールとカーテンを買うまでは、
窓にダンボールをはって急場をしのいでみた。


みすぼらしいことこの上ないし、寝室がダンボールくさいよ。



c0186262_22145915.jpg


でも今朝は6時半まで寝たよ。
ダンボールバンザイ。

どすこいどすこい。
[PR]
by asano_ha | 2013-08-02 22:29 | 子育て

グーチョキパーでなにつくろう



グーチョキパーで
グーチョキパーで
なにつくろ~なにつくろ~


の手遊びが、娘は好きなようである。


右手はパーで左手はグーで「ヘリコプター」
右手はグーで左手はチョキで「カタツムリ」


それ以外のネタがなかったので、夫と考えたり、ネットで調べたりした。
なにかオススメのネタがあったら教えてください。



グーとグーで「ゆきだるま」
チョキとチョキで「メガネ」
チョキとグーで「うさぎさん」
グーとパーで「やどかり」
グーとチョキで「おたまじゃくし」


チョキとチョキで「知恵の輪」
(↑091考案。0歳児には難しくないか)

チョキとパーで「うどん」
(↑わたくし考案。落語家ばりに気合の入った演技を添えて)



教えてください。
[PR]
by asano_ha | 2013-07-30 22:57 | 子育て

チューデビュー



今日、娘のファーストキスを奪ってやりました。


「虫歯がうつるから」と、生まれてから今日まで
チューしたい気持ちをぐっとこらえていました。

でも

「要はくちびるに唾液がついてなかったら大丈夫なんじゃない?」
という素人考えで

大の大人が必死に自分のくちびるをふきふき
(おしりふきで)

ファーストは母、セカンドは父にくちびるを奪われた娘でした。


めっちゃドキドキしました。




ここまで書いといて、自分がきしょい人に思えてきました。
[PR]
by asano_ha | 2013-07-28 21:32 | 子育て

手作りメリー



でらさんが作っていらしたメリーがかわいくて、自分でも作ってみたくなった。

(でらさん、詳細ありがとうございます!お忙しいでしょうに!)



そもそもメリーというもの、買おうとすら思わなかった。


なんでだろう。なんでだろう。なんでだなんでだろう。
(娘をあやすために歌いすぎて、ついにテツトモが出てきたよ)


メリーのように「ぶらさがってるもの」には興味があるのに。
洗濯物とか、カーテンとか。

「ほらほら洗濯物やで~ひらひら~」とか言ってる間に
もっとはやくメリーを買ってやるか作ってやるかすればよかった。

干したバスタオルでお茶を濁そうとしてすまん娘よ。




ただ娘はもう7ヵ月。
そろそろ「ねんね」の時期はおわりじゃないのか。
なんだったら「おっちん」できるようになっていかないとダメなんじゃないのか。

それなのに、ねんねを促すようなメリーを与えていいのかい。

さぁどうなんだい俺の筋肉。
(娘をあやすためなら、きんにくんだって登場するよ)




この場合、「きんにくんだって登場するよ。芦田愛菜だよ」と、
芦田愛菜のものまねに転化させます。

娘をあやすためならアホにだってなるよ。

アホにだってなるよ。芦田愛菜だよ。




アホになってしまう前に、メリー作らんとあかんかもしれん。
[PR]
by asano_ha | 2013-07-26 19:38 | 子育て

もぐもぐ期


c0186262_21164134.jpg




今朝、我々がリンゴを食べていると、もの欲しそうにしていた娘。

冗談であげてみると、見事にくらいつき、はぐきで噛み切った。

(けっこうな大きさを噛み切ったので、即、口から出させました)




でも離乳食として、すりおろしリンゴをあげたら、すごく微妙そうな顔をしていた。

固形の方がお好みですか。
[PR]
by asano_ha | 2013-07-24 21:23 | 子育て

生後7ヶ月になっていた



今日の夕方気がついた。

「あ、今日18日やん。生後7ヶ月やん」と。

早くも忘れがち。あっぶね〜。



最近は、寝返りの激しさで娘の成長を感じる。


特に寝かしつけ時。

今までは、ミルクを飲んで布団にゴロンとさせたら、
ひたすら指をチュパチュパして寝付いていた。

しかし今はもうコロコロコロコロコロコロコロコロコロと転がりまくる。
布団の上を、それはもう自由自在にのびのびと転がりまくるのだ。

毎日、布団の上で転がる娘を追いかけながらトントンしている。


コロコロと転がりまくった末に
180度回転した状態で入眠する。

入眠したかな〜と思ったらムクッと寝返りしてニヤッと笑ったりする。


笑ってる場合か。
あんた眠たいんちゃうんかい。
かわいいなぁもう。



そして、さらにかわいいのがその「コロコロタイム」の直前。

ミルクを飲み終え、布団にゴロンとさせる。
わたしが娘の横に寝そべる。

すると、わたしに向かって娘が抱きついて(転がって)くるのだ。
わたしが娘をギューっと抱きしめ返すと、キャッキャと笑う。




なんじゃこの生き物!!かわいすぎるやろ!!!!!



この「コミュニケーションのしかた」「面白いと思うツボ」が
すでに「赤ちゃん」というより「子ども」。

生後6〜7ヶ月でグッと「子ども感」が増しました。

そしてこの平和な寝かしつけの時間が、
わたしの癒しのひとときとなっている。



しかしながら生後3ヶ月くらいのときから、顔が全く変わらない。
相変わらずビリケンさんに似ています。


ありがたいなぁ。
[PR]
by asano_ha | 2013-07-18 22:36 | 子育て

離乳食の具合



離乳食をはじめて3週間目に突入した。


1週目は10倍粥
2週目は野菜
3週目はタンパク質(豆腐、白身魚)

というマニュアルのもと、着々と食べられるものが増えている。



今のところアレルギーとなりやすい「小麦」「大豆」はクリア。

もうちょっとしたら「卵黄」をためそうと思う。
これはもしかしたらアレルギーあるかも。



娘は思いのほか食べることに積極的だ。

ちゃんと口に入ってゴックンできているかはわからないが、食べたい!という想いはかなり強め。
こっちが目の前でモタモタしていると、お茶碗にかぶりついてくる。
お前はガッチャンか。

(つっこみ内容が昭和)



野菜や豆腐はペーストにして冷凍している。
おかゆは、なんか粉末の、お湯で溶いたらいいだけのやつ。
(↑めっちゃ便利)

あんまり気張らずベビーフードもジャンジャン活用していくつもりである。


前職で離乳食を作りまくった経験から言えば
「どんなんでも大体はオッケー」
だと思っている。

(中期までは調味料を入れない、とかのルールさえ守れば)


子どもを産む前に、結婚もする前に離乳食を作ってたかいがあったよ。




いっしょに離乳食を作っていた仕事仲間(一児の母)の言葉をたまに思い出す。


「職場ではけっこう適当に作ってきたけど、自分の子どもが産まれたら考えが変わった。自分の子どもにはもっとちゃんと作ったものを食べさせたいと思った。今まで職場で食べさせてきた子どもたちゴメンって思った。岡田先生(旧姓)も子ども産んだらそう思うよ」




わたし、一向に考えが変わりませんでした。


むしろ娘には強くたくましく
野性的に育ってほしいと願ってやまない。


「賞味期限なんて、あってないようなもんやで」
って言ってほしい。


そういや「めばえ」で
「バイキンに負けない子になってほしいですね〜」
って言ったのカットされてたな。
[PR]
by asano_ha | 2013-07-09 22:50 | 子育て

アトピーについて




アトピーの人ってどのくらいの割合でいるんか知らんけど
娘はアトピーの「け」があるようだ。


私自身も3歳くらいまではアトピーだった。
顔や体に、赤いぶつぶつがいっぱいできてたみたい。

そんな話を親からよく聞いていたから、アトピーは割と身近だったし
「みんな通る道やろ」くらいに思って、なめていた。

そして案の定、娘も同じ道を通っている。



でも実際、アトピーの症状を目の当たりにすると…

ナーバスになる親の気持ちはよくわかる。

患部が赤くなってかゆそうやし、
ひどい部分はパックリ割れて、ただれたり…

それでも娘は全然ひどくない方なのだ。
もっとキツイ子どもさんを持つ親御さんは、それは辛いよ。



そして病院で出されるステロイドのお薬…


6月中旬にはじめて受診したとき、ステロイドのお薬をもらった。
(中でも弱いもの)

それから一週間、寝る前にぬった。
キレイに治った。
しかしさらに一週間後、治った部分がカサカサしてきた。
徐々に赤くなって元の状態に戻ってしまった。


「ぬれば良くなるのはわかっている。でもステロイド。このままぬってもいいのかな」


そして先週の金曜日に再度受診した。
できればステロイド以外のお薬をいただきたい旨も伝えた。


先生いわく

「ステロイドは確かにアトピーを根本的には治さない」
「ただ、アトピーの傷口があることで、食物アレルギーになる可能性が高まる」
「それを防ぐ目的でステロイドを使うことは意味がある」
「アトピー自体は、成長とともに治まっていくことが圧倒的に多い」
(↑体が脂分を出せるようになるから?)



アトピーの傷口と食物アレルギーの関係ね!!


このあいだ「すくすく子育て」で言うてた気がする。
傷口から食品の成分が入り込んでアレルギーになるらしい。
先生は、ちょっと前報道されてた、洗顔石けんのせいで小麦アレルギーになった件を例として挙げてはった。


傷口をバリアする意味でステロイドも使っていかなあかんのかもしれん。

ただし「だらだら」ではなく「ガッとぬってガッと治す」が鉄則なのやろうけど。



あと調べたら、体の部位によって「ステロイドの吸収率」が全く変わってくることもわかった。
顔とか頭はたくさん吸収してしまうけど、
手足はそれほど吸収しないみたい。
娘は幸い手足に症状が出てるので、ぬってもさほど影響はないのかも?



とはいえ、できる限りステロイドに頼りたくない気持ちはある。

なので、この間の受診では「ステロイド以外のお薬」をもらってきた。


「プロペト(白色ワセリン)」


ワセリンなので、薬というより保湿剤。
アトピーを治すには「洗浄と保湿」が大事らしい。
その日からもう体中べっとべとになるまでプロペトをぬりたくってる。

体中をべとべとにし、患部はこてこてにしている。


そのおかげか、
カサカサしていた部分も
ぱっくり割れてただれていた部分も
見事!キレイになってきた。

プロペトすげーーー!!!!



もちろん今後どうなるかわからないけれど、保湿でしのげるうちは、

一に保湿!二に洗浄!!でアトピーと付き合っていこうと思う。


ステロイドもあるしね。
上手に使っていくぜ!
[PR]
by asano_ha | 2013-07-08 22:57 | 子育て