ブログトップ

あさのは

asanoha2.exblog.jp

<   2009年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

6月30日


わぁわぁ言うてる間に6月がおわるんですけど
一体どういうことですか。



6月ってうち何してたっけ。
6月ってそもそも今年あったっけ。

ちょっと一寝入りしてる間に過ぎ去ったんじゃないの。
ちょっと竜宮城行ってる間に過ぎ去ったんじゃないの。
「わしゃ浦島太郎か!」が正しいつっこみやと思う、この場合。

やぁーもうびっくりする。




そうやね、でもね。

6月はじめころにひいてた風邪が、今やもうスッカリ治ったり、
痛かった腰が、痛くなくなったり。
そういう「事実」だけが、確かに6月があったのだと教えてくれるねぇ。



そして腰が治ったかわりに、ヒザが痛い。

そういう「事実」。
[PR]
by asano_ha | 2009-06-30 20:47

まさかの采配


まさか、おにぎり100個作るためだけに
泊まりがけで舞鶴まで行くはめになろうとは。


「おにぎり100個作るならマイケル」みたいなイメージも特になかったやろ。

「おにぎり100個作ることなら自信があります!」みたいなアピールも
面接でした覚えないし。


ていうかむしろ下手くそやし。
なんかこう、ゆがむねん。
ゆがむって言うか、ねじれるねん。
立体アート作品みたいなおにぎりしか出来ひんねん。

それでもいいなら行きますけどね。
「若者の苦悩と葛藤」を、見事おにぎり100個で表現します。




舞鶴っていうと、あれやな。

連続テレビ小説「ええにょぼ」の舞台やな…
[PR]
by asano_ha | 2009-06-29 19:22

びわこツーリングの感想


c0186262_2248534.jpg


バイクに興味のない人が、例えば「道行くハーレーの集団」を見ても、
たぶん何とも思わへんのやと思う。
でもそれがハーレーじゃなくてカブの集団やったら、
ちょっとギョッとすると思う。

例えばカレーの中に豆腐が入っていたら人はギョッとすると思う。
そんな感じ。

そういうギョッとした顔を何度となく見ました今日は。
びわこツーリングの感想を書きます。


暑かったです。

今日のオックンは思ったほど青くなかったです。黄土色やった。

銭湯員さんのロゴマークはいつ見てもすごく完成度が高いと思った。

USKさんは「歩こう会」みたいな集団のおじさまに声をかけられていたけれど
善人顔だからだと思う。
そして律儀に答えられていた。善人だと思った。



信号が青に変わった瞬間に、首に巻いてた手ぬぐいを落とした。
sutekiさんに気を使わせてしまった。

メガネをかけようとしたら、誤ってティッシュケースを落とした。
ぴのんさんに気を使わせてしまった。

走行中にメットのシールドをひざの上に落とした。
シャコーンって音した。
けっこうな距離、すっごい内股で頑張った。 耐えた。


まわりに受験生がいなくてよかったと思った。



あとなんやろう、特に名産でもないタケノコご飯を食べた。
おいしかった。
でも小芋もおいしかったなぁ。
小芋とか、かぼちゃとかの炊いたやつはほんまに美味しいなぁー。



びわこツーリング。
ゆるゆるワイワイ楽しい時間が過ごせました。
はじめてお話できた方もいらして、とても有意義でした。

また企画してください!
なるべくならもう少し涼しくなってから。


帰りに小栗商店さんにお邪魔して、スイカをいただきました。
ていうかスイカをいただきにお邪魔しました。
ベータマンさん、ごちそうさまです。甘かったです。初物です。長生きします。
[PR]
by asano_ha | 2009-06-28 23:09

京都市内命がけツアー


どっちにしろ今日は京都市内に行くと決めていた。


2~3年前に1度だけ行ったことのある
「京のてんてん」という手ぬぐい屋さん。
「堀川今出川」だかなんだか、川がいっぱい付く所にある。

その時分は「カブで京都市内に行くなんて命がけ」でした。
さすがに命かけるほどの情熱を手ぬぐいに注ぐこともできず。
そんな自分を叱責しながらバスで行ったものです。


でも人って成長するから。
日々進化は止まらないから。
今やったらカブで行けるから。
余裕やから、京都市内。

とか行ってたらまぁお察しの通り、迷って、一通の道を逆送して、
挙げ句「京のてんてんなら移転しましたよ」と言われる始末。

調べてから行けよ。


聞くと、大通りに面した所に移転したことが判明。
千本通りとかそういうところ。
ガンガン車の通る道を、店の看板さがして命がけのよそ見運転。
2~3年たっても結局命がけ。
満身創痍でたどり着いた手ぬぐい屋では何も買わず。
これと言ったあれもなく。



失意のまま次の目的地小栗商店。

行ったことないルートでがんばって行ってみる。
クラクションを鳴らされる。命かけてる。

今日はどかーんとカブを診てもらおうと意気込んで行った。
したらなんか、
ドラマ「白い春」の阿部寛がいかに切なかったかを
胸いっぱいなたかじんばりに力説する小栗さんがいらっしゃった。
その話、今日の6割。 
カブ1割。

さくらももこの年齢1割。



という、未だに油断できないドライビングレベルで一生懸命生きているという話。

明日がんばります。
がんばって梅小路までたどり着くようにします。
[PR]
by asano_ha | 2009-06-27 21:12

特に…


今テレビで人気の、あの芸人たちが城陽に。


ザブングル
ロッチ
クールポコ
桜塚やっくん






こんなにも心惹かれないことがあろうか。
[PR]
by asano_ha | 2009-06-26 19:22

夏バテ



具体的には、

「ティーパックからお茶っぱを取り出して食べたくなる」という症状。




今のところ理性でその衝動を抑えてるけど
夏が終わるまでずっと我慢できるかどうかは正直自信ない。

そのうち、お茶っぱが夢に出る。
[PR]
by asano_ha | 2009-06-25 20:59

姉とは


会うのは年に2回やし
メールするんだって、3ヶ月に1回くらい。

よっぽどの用事がないとお互いメールしない。



そんな姉から不在着信1件。留守電1件。メール1件。

なんかあったんかと思って留守電聞いたら
よくわからん「もじょもじょ音」が数秒。

次にメール見たら
「寝ぼけてて電話したけど用事はないです。すんまそん」 と。



すんまそん。



せっかくなので3ヶ月ぶりにメールした(往復3回くらい)。
オックン(ラグフェアの方)が元に戻った件と
アメリカザリガニ(松竹芸能の方)が今、一体何を生業としてるのかという件について。


姉が元気そうでなによりです。
[PR]
by asano_ha | 2009-06-24 19:31

かなわない。




今日、ミョウガの底力を垣間見た。
[PR]
by asano_ha | 2009-06-23 18:55

それならいっそ壁でいい。


部屋の窓が開かなくなって、1ヶ月くらいたちました。

開かなくなるまでは何とも思ってなかったけど
開かなくなってはじめて、その存在の大きさに気付きました。
失ってはじめて大事さに気付く甘酸っぱい恋物語と同じパターンですたぶん。



だからまぁ、壁をあれして新しい窓をどうにかする方向で見積もりの方をお願いするのです。

昨今の窓事情に精通しているわけでもないのでアレでしたけど
最近の窓はいろいろあるのねぇ!
上下に開くやつとか!
縦に細長いやつとか!
丸いタイプとか!

窓ひとつで部屋の雰囲気がずいぶんおしゃれになりますね。
夢は広がるばかりです。





うん、でもこの際、開く窓ならなんでもいい。

安いのでいいよ、安いので。
[PR]
by asano_ha | 2009-06-22 20:30

自宅だと思ってくつろげばいいよ


今日は雨降るって言ってたからさぁ。

じゃあまぁ父の日やし
どっこも行かんと
家でおとなしくしとこうって思ってたんやけどさぁ。



どこが雨やねんな。
どこが降水確率50%やねんな。
めっちゃ晴れとるやないか。
ぜんぜん布団干せる天気やないか。
どないなっとんねん気象庁。

という気象庁への憤りが最高潮に達して、
突発的に宇治観光へ行ってきた夕方4時半。


いいね。

休日の午後、観光客でそれなりににぎわってるのに、
かまわずシャッター閉め出すお土産屋さんの「商売っけのなさ」とかがいいね。
その「客に全然こびない態度」が潔くて気持ちがいいね。


「気を使われる」とこっちも「気を使う」。
それではお互いの距離は縮まらない。

「ええーもっとお茶とか見たいのにー!」
「かまうもんか、閉店時間なんじゃー」とばかりに
ガンガンシャッター閉める「気の使わなさ」。

まずは自分ありき。
相手のことは、そのあと。
折り合いを付けるのはそっからでいいと思うよ。



そしていよいよ、雨は一滴も降りませんでした。
どないなっとんねん気象庁。
布団干せたやないか。
[PR]
by asano_ha | 2009-06-21 22:08