ブログトップ

あさのは

asanoha2.exblog.jp

<   2011年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

何がわるい


晩ごはんの準備に2時間かかってた。

逆におもしろかった。
何でそんなにかかるねん。


なぜなら要領が悪いからだ。


そしてやたら手を洗う回数が多い。

しかも間違ったタイミングで手を洗う。

生ゴミを処理する前にせっけんで手を洗ってどうする。

そんな自分を発見して気付いたら2時間だ。


シータがムスカを瓶で殴って懐から飛行石を取り返してから、
パズーと出会って食パンに目玉焼きをのせて食べ、
ラピュタに着いてバルスって言ってドーラ一家と涙の別れをするまで

ずっと晩ごはんの準備をして生ゴミ触る前にせっけんで手を洗ってた。

なぜなら要領が悪いからだ。





ブログを書くのも実はけっこう時間がかかる。
気付いたら40分くらいたってる時がある。
何でそんなにかかるねん。

なぜなら頭が悪いからだ。
[PR]
by asano_ha | 2011-08-26 15:18 | Comments(2)

昨夜



自分のおでこが、すごく出っ張る夢を見た。
恐ろしかった。



そしてベッドから落ちた。
[PR]
by asano_ha | 2011-08-25 14:53 | Comments(0)

音楽とわたしと前世



くちびるが乾くので、ワセリンがないと生きてはいけない。

でも「心が渇くので音楽がないと生きていけない」ということはない。



わたしは日常に音楽がないと生きていけないような洒落た人間ではない。

今はとりあえずスペシャルアザースさえあれば満たされている。
音楽に関して、欲がないのだと思う。



でも、オールディーズは好きなのかもしれないのだった。




20歳のときにコーデッツに衝撃を受け
今年ピーター・ポール&マリーに出会った。

「出会った」って言い方がかっこいい。
そう、出会ったのだ。

そのふたつのグループの共通点が
「オールディーズ」というジャンルであることなのだった。



オールディーズは50~60年代の曲なので
私がリアルタイムで知る由もない。

それなのにたまらなく懐かしさを感じる。
幼いころ見た夕日を思い出すような。
もう戻ってこない、はかない記憶のような。

これはたぶん私の前世が50~60年代に生きたアメリカ人だからなのだと思う。
私の前世は50~60年代に生きたアメリカ人で名前はジュリアだ。
今決めた。



そういうわけで前世に思いを馳せながらオールディーズとスペシャルアザースを心のワセリンにしている今日この頃である。





余談ですが未だにスペシャルのつづりが覚えられません。
前世はジュリアです。
[PR]
by asano_ha | 2011-08-18 20:12 | Comments(4)

祖母に教わったこと



父の実家へ帰省してきた。


c0186262_17331420.jpg

c0186262_17333110.jpg

c0186262_173345100.jpg


扇風機が全部逆についてた。
祖母はO型です。

More
[PR]
by asano_ha | 2011-08-17 17:59 | Comments(2)

その悔しさ



「長編小説だと思って読んでたら短編集だったとき」と
「面白いアニメが夢オチだったとき」と
「面白いドラマだと思って見てたら最終回でいきなり2年後から始まったとき」と
「いい歌なのにフェードアウトして終わって行くタイプの曲を聞いたとき」の


悔しさたるや。
[PR]
by asano_ha | 2011-08-16 13:59 | Comments(0)

チオビタ



チオビタのCMってすてきよね ってずっと思っていた。


ほとんどすっぴんみたいな菅野美穂がかわいいし
相手役の男性も素朴で素敵。
ふたりでたわむれる姿が無邪気。
そこに流れる曲はくるり。
もうくるり以外ないと思う。
見るたびにほっこりする。



でも今日、菅野美穂と追いかけっこをするその素朴な青年を見て思った。

「この人見たことある」


そしてウィキペディアで調べた。




月9ドラマ・全開ガールで、野心たっぷりでお金持ちの
いけすかぬ弁護士を演じてる役者さんだった。



信じられぬ。


チオビタでは菅野美穂と子どものようにはしゃぐ青年が
あの鼻持ちならぬ都会派成金弁護士だったなんて。
イメージが違いすぎる。


どのくらいイメージが違うかというと
最初全開ガールで見たとき「この人竹之内豊?」と言ったほどイメージが違うのだ。

竹之内豊はすっぴんの菅野美穂と追いかけっこなどしない。
竹之内豊はタバコをくゆらせながらビリヤードをするのだ。
竹之内豊はサラダ油ではなくオリーブオイルを使うのだ。
イメージが違うのだ。



チオビタの青年が竹之内豊になる。
それはでも、役者の底力だと思った。





ところで全開ガールはなかなか話が進まない。
ドラゴンボールかと思う。
オープニングは影山ヒロノブかと思う。

Sparking!
[PR]
by asano_ha | 2011-08-09 19:44 | Comments(2)

ぐるりのこと。のこと。



映画「ぐるりのこと。」が見たい見たいと思っている矢先だった。

原作本を図書館で見つけた。
「ぐるりのこと」梨木香歩著

喜びいさんで借りて帰った。







梨木香歩さんのエッセイだったよちきしょうめ。
[PR]
by asano_ha | 2011-08-05 23:00 | Comments(0)

包み隠さずゴキブリのはなし



この夏が始まる前までは、大丈夫だったはずなのだ。
でもここ数カ月、ちょっと様子がちがうのだ。



ゴキブリが怖いのだ。



「ゴキブリが怖くない」というのがわたしの唯一の自慢だったのだ。


「ゴキブリを新聞紙でしとめる方法」なんかも以前mixiに書いた気がする。

「息をひそめて近づき、15cmほど迫ったところで、振りかぶらずに叩く」
ということを熱く書いた気がする。
「振りかぶらずに」というところがミソだ。
「振りかぶる」と、振りかぶってる間に奴等に逃げられてしまうのだ。
見つけたら100%逃がさない。
噛みついたら離さない。
Gハンターとして君臨した真夏の私は最強だった。


去年までは。




今年はダメだ。
もう全然ダメ。ビビり倒してる。


今年の6月あたりに1日に2匹出ちゃってから、なんかもうトラウマだ。

「夜に絶対出る部屋」は、もう夜に絶対とびら開けられない。
だって絶対いるもの。
昼間でさえもノックしてから入ることにしている。
「入ります。今すぐ逃げてください」というゴキブリに対してのメッセージだ。



今日、満を持して、市販の「ホウ酸団子」を家中に置きまくってみた。


昔島根のおばあちゃんが作ってくれたホウ酸団子はよく効いた。
でもおばあちゃんだってもう歳だし腰も痛いし島根は遠いし、
ホウ酸団子作ってくれよなんて言えない。

市販のホウ酸団子はじめて見た。
なんかアレですね。スナック菓子みたいな匂いするんですね。
おいしそうな匂いが逆に不気味だ。



一部屋に1個ずつ。
よく出る部屋や台所は多めに。
暗いところ、湿っぽいところ、隙間なんかを重点的に。


これである程度は安心して暮らせるであろう。
入る前にノックしてゴキブリに礼儀を払う必要もなくなる。
夜に「開かずの間」と化すこともなくなるだろう。

戦々恐々と過ごす日々よ、さらば。








と思ったら、
ピアノの下のホウ酸団子をゴキブリと見間違えてめっちゃビビった。
ひとりウワッとか叫んでしまった。



ビビる対象が増えただけのような気もする。
[PR]
by asano_ha | 2011-08-04 22:44 | Comments(5)

昭和59年生まれ パーマンの記憶



パーマンの記憶があやふやだ。



昭和59年生まれにとって、パーマンは微妙なラインにある。

と、思う。

こんなに「なんとなく知ってるけど、詳しい説明はできないアニメ」は他にない。

「なんとなく知ってるけど詳しい説明はできないアニメ選手権」があったら
ぶっちぎり優勝だ。

2位はミンキーモモ。




とりあえず、「なんで猿が2号なんだ」という疑問が解決できない。
「なんで猿がそんなに若い番号を持ってるのか」

それはたぶん、昭和59年生まれの一生の疑問。
[PR]
by asano_ha | 2011-08-02 16:25 | Comments(5)