ブログトップ

あさのは

asanoha2.exblog.jp

<   2017年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ラン活の乱



年長さんの子どもさんがいるお母さんに聞いた。
「ランドセルは年長になった春に決めなければいけない」
年長になった春。
つまり小学校に入学する一年前の春。
そんなに早く決めなあかんの?
決めなあかんらしい。

ランドセルを選んで決めて買うことを「ラン活」というらしい。
そして本当に夏頃には売り切れはじめるらしい。
人気は「工房系」らしい。
生田工房、山本工房、土屋鞄…
ようけありすぎて決めきれへんもうわからん。
正直ランドセルにそんな大差あんの?ってかんじするし。


だからもう決めた。

夏頃に夫がパンフレットをもらってきたところに決めた。
今日実物を見てきた。
悪くなかった。
長女もうれしそうだった。
だから決めた。


ちなみに素材はクラリーノ(人工の革)。
素材は人工か本革(牛)かどっちがいいのかわからなかったのだけれど、人工も本革も持ってるお隣さんに聞いたら「重さがぜんぜんちがう」と。
数字にすると数グラムなんやろうけど、持たせてもらったらほんまに違う。
本革が重い。
うちの子は特に小柄なのでクラリーノに軍配。


もう決めた。最低限のところは決めたよ〜
タイムリミットまでにこれ以上いいものが出てこない限りもう決定〜
でもこのブログを書くにあたってラン活サイトを見てたら色々チェックすべきポイントが見えてきて迷ってしまうよ〜




[PR]
by asano_ha | 2017-12-28 23:18 | 子育て

メリークリスマス


二十歳のとき。

ふたつの別な占いで「32歳が人生の転機」と言われた。
占いは信じていないがどちらも32という特定の数字だったため信憑性がある気がして、いつも心の片隅で32歳がくるのを楽しみにしていた。

その32歳が昨日終わりました。
転機になったことと言えばウクレレを買ったことくらいです。
メリークリスマス。





[PR]
by asano_ha | 2017-12-24 08:43 | 日々

ママ友とお茶


幼稚園のお母さん(あえてママ友と呼ぶぜ)とお茶して、日頃のあれこれについて愚痴った。
そのママ友さんとはタイプが似ているらしく悩みも似ている。
ついでに子どもの年回りも同じ。(5才3才)

共通の悩みは「子どもの意思を極力優先するように心がけているが限界まで来て爆発しヒステリーを起すのが辛いよね」というもの。

公園で遊ぶのはいいが時間になったら帰ろうぜ。
最終の時間(うちなら16時)までは延ばせるがそれ以降になるとお母ちゃん爆発するぜ。
↑これ典型

たとえば寝かしつけのとき。

大人はA地からB地に一直線で行けるが、子どもはちょっと楽しそうなもの(例えばたたんだ掛け布団とか)があるだけで横道にそれる。
大人からするとまどろっこしくて仕方ない。
なんかい掛け布団にダイブすんねん!はよ絵本選んで寝させろや!!となります。大人なら。
そこで怒鳴るなり不機嫌アピールするなりして、なんとかB地に連れて行こうとする。
こっちだってできるならそんな方法使いたくない。


でもママ友さん曰く、「横道にそれても放ってたら自分でB地に行くよ」と。
「ピアノの練習しいやって言ってもしばらく遊んでたけど放ってたら自分でピアノの練習始めた」というエピソードを添えて。

そうなの?こっちが辛抱して待てば、嫌な方法を使わずにB地に行ってくれるの?信じて待つってそういうことなの?



大人になるにあたって、最短距離でA地からB地に行くように訓練されるじゃないですか我々って。

あたりまえよな。
仕事中に掛け布団にダイブして遊んでたら怒られるもん。

でもその常識をがんがん裏切ってくれるよね子ども。
だからイライラするんすよねー。
辛抱して待つってーのが難しいけど仏の心でいっぺんやってみっかな。
ピアノのエピソードを思い出して。


そのママ友さんにもチェストベリーをおすすめしといた。効くといいな〜
一ヶ月ちょい飲んでるけど、なんかマシな気がするよ〜


[PR]
by asano_ha | 2017-12-15 11:44 | 子育て

ニセイクメン



毎週来る生協のお兄さんがイクメンぶりをほんのり自慢してくるけど、その実態がニセイクメンで目が離せない。

1歳半の男のお子さんなのだけれど
「めっちゃ可愛いんですよね〜(デレデレ)」と他人から見たらどーでもいい動画を見せてくるが、その可愛い我が子と寝室は別という実態。
理由は夜中起こされたくないから。

いやてめぇ毎夜2回起きて授乳付き合ってみろ。


奥さんが子どもにキレてるのを傍観して、なんだったら嫁うるせーくらいの気持ちでいる実態。

おめぇが協力しねぇから嫁キレてんだろーがよ。


今日聞いたのは子どもがマンションの階段から激しく落ちた事件。
嫁と子どもが先に外に出て自分は玄関で靴を履いていると、聞こえたのは嫁の悲鳴。
慌てて見に行くと階段から落ちた子どもと泣く嫁…

「嫁に怒りが湧きましたよ。なんで手を握ってなかったんだって。でも嫁も泣いてるしそれを言うのはこらえました(えっへん。俺イクメンだし)」


だからおめぇが靴履いてる間に落ちたんやろが!
おめぇとっとと靴履いて息子見とけよ!
なんでも嫁のせいにすんな!!
なんでも嫁に押し付けんな!!


この人ニセイクメンの以外の側面もおもしろくて、自分の話多くて自分のこと大好きなんやろなーって感じが伝わってきて、わたしの毒づきたい欲求を満たしてくれてます。
ぼくイクメンで仕事できるんです、と遠回しに言ってきます。うける。

いろんな意味で生協の個配やめられません。



[PR]
by asano_ha | 2017-12-08 21:11 | 子育て

さつまいもの呪縛



お隣さんから大きいさつまいもを5本もらった。
使い切れそうにないので実家に2本持っていったら実家のさつまいも2本もらってプラマイゼロになった。

昔作っておいしかったさつまいもケーキを作ることにした。
レシピの最初の方だけ見てレシピ通りにさつまいもを切って水にさらす。
それからレシピの全貌を読んで想像の3倍めんどくさい工程であることに気づく。
やべぇ3倍めんどくせぇ。
でももう切っちゃったし後戻りできない。

覚悟を決めるが無塩バター200gがないことに気づく。
やべぇ材料ないのめんどくせぇ。
でも後戻りできないので翌日無塩バターを買ってくる。
その後砂糖が足りないことに気づく。
おいおい砂糖120gと60gと大さじ4が必要ってどんだけ甘くすんねん。
でも後戻りできないので翌日買ってくる。

バターと砂糖と卵黄を混ぜたものに、泡立てた卵白の半量を入れるが、残りの半分をいつ入れたらいいのか書いてない。
レシピに不備あんの死ぬほどめんどくせぇ。

タネもできて焼く段になって手持ちのケーキ型に入り切らないことが判明。
2回に分けて焼くしかない。
170℃のオーブンで1時間を2ターン。
その間レンジ使えないしばりめんどくせぇ。

こんなたくさんのめんどくせーを重ねた渾身のさつまいもケーキ。
おやつに次女に出したら一口も食べずに

「これきらーい」




10分くらい次女無視した。
無視ですんだのはハーブティーのおかげかもよ。
さつまいもよりハーブティーくれ。



[PR]
by asano_ha | 2017-12-01 23:13 | 日々