ブログトップ

あさのは

asanoha2.exblog.jp

静岡にキャンプいってきた


c0186262_2315211.jpg


おなじみのカブ乗りさんが集まって静岡でキャンプをするというので、遊びに行ってきた。


静岡の目的地まで、大阪から車で4時間半。

夫はキャンプ場でシャボン玉がしたかったらしく、道中の百斤で大量購入する予定だった。

静岡で高速を降りてから買えばいいと思っていたが、念のためにいたやんに確認。
目的地付近には「レモン」という百斤が、かろうじてある、とのこと。

レモン超心細い。

結局ミニストップでシャボン玉を買い占めていた。
(その成果が↑の写真。誰よりもたのしむおっさん)



キャンプ場に着くと、すてきさんと、まいきーさんk@zさんご夫妻。
まいきーさんは以前一度だけお会いしたことがあったけど、k@zさんは初対面でした。
わたしが「めっちゃ簡単に設営できるクイックキャンプという名称のタープ」を意気揚々と広げていたら全然クイックに出来なくて助けていただきました。
どうもすみません。ありがとうございました。


いたやんとお嬢ちゃんがやって来て、うちの娘たちと3人でコロコロ遊んでる様子がめちゃくちゃかわいかった。

最近妹へのいじわるがエスカレートしている長女も、いたやお嬢にはお姉さん気取り。
「かわいい。いっしょに遊びたい!」と言ってた。
その優しさ、実の妹にも置いといてくれ。


そのほか、ひとしーとかマツゲンとか、だてりんごとかめちゃくちゃ久しぶりの方々。
マツゲンは若干背が伸びている気がした。あともう結婚してると思ってた。してなかった。
きゃんくん、なっちゃんは2月のリレーマラソンぶり。
うんのは4年ぶりくらいで、気づいたら彼女も29歳になっていた。絶句だ。

会うのをひそかに楽しみにしていたイトーオットさんとはご挨拶を一言交わしただけで、我々子連れは本日のお宿へ向かうことに。
そう、キャンプとか言うときながら、泊まるのはいたや邸。


「こんな暗くて木がたくさん生えた山道は、花背以外知らぬ」という道を通って、いたや邸へ。
(ちなみにこの山道で次女車酔いのため嘔吐)


いたや邸が素敵すぎて、若干疲れ気味の娘たちがヒートアップ。
ここで大きめのアシダカグモ(通称ベッカム)が現れ、さらにヒートアップ。
いたや旦那さんが手づかみでベッカムを窓に投げ捨てる姿を見て、我々も興奮が止まらない。
いいもん見た~~。

もう眠たいくせに「眠たくない~」とごねる長女を華麗にスルーして就寝。


c0186262_23152984.jpg


翌朝。朝食をよばれて、いたやお嬢とトトロを見てまったりしている間にキャンプ組がたくさんやってきた。
(お嬢はトトロが好きなのだそうで、雨の日だったら1日3回くらい見るらしい。勇気をもらった)


そしてみんなでトーマスを見に行った。
(この赤いのはトーマスじゃないよな?)


なにげに、このような蒸気機関車が走っているのを見たことがなかったので、思ったより興奮した。
乗ってる人がたくさん手を振っていて、わたしも手を振り返していたらなんだか泣きそうになってきた。
泣きそうになっていたら見知らぬおっさんが妖怪ウォッチの写真をくれた。
涙が渇いた。



そんなわけで楽しい2日間だった。いたやん誘ってくれてありがとう。


そしていちばん思い出深いのは
やっぱり
ベッカムの手づかみです。

いいもん見た~~

[PR]
# by asano_ha | 2016-07-30 00:06 | 日々 | Comments(2)

3才半昼寝問題


3才半の長女に昼間2時間させたら就寝時間22時半になったよちきしょうめ。


最近は幼稚園があるから昼寝することもなくなって、そうすると19時半とかに寝てくれて。たまに昼寝した日でも21時くらいには寝ていた長女なので、22時半はさすがに疲れた...しかも、眠たくなーいとぐずる。その声に次女は起こされて泣き、風邪気味の旦那はイラついた雰囲気。

長女としては、たくさん昼寝したんやから眠たくない!まだ遊んでたい!と、もっともな要求なんやけど、こっちだって寝かせてからの仕事あるし!ていうかうちだって一人でゆっくりしたいし!でも3才半に2時間の昼寝させた母親が悪いんですかーこっちだって全部はじめてなんじゃ!3才半にどれだけ昼寝させていいかはじめてやからわからんのんじゃ!「3才 睡眠時間」で検索したら日本の子どもは睡眠不足、もっと寝かすべし的な記事が出てきて起こすの躊躇したんじゃボケー!真面目にやった結果じゃーーー!

ていうかていうか、次女には昼寝たっぷりさせなあかんわけやん?(1才半)
昼御飯食べたら寝室に次女には連れていくやん?長女ついてくるやん?いっしょに寝るやん?なんやったら次女より先に寝るやん?そんで、長女だけ先に起こしたいやん?でも実際そんなん無理やん。同じ部屋に寝てる二人のうち一人だけ起こすのどうやって?教えてくれ。


でもほんま、もうこんなん勘弁なので。明日からは絶対に長女に昼寝をさせないよう努める。眠れないのは本人のせいじゃないのに、悪くない長女に辛くあたってしまうのが嫌すぎる。いや、繰り返すけど母親だって真面目にやった結果なんだけども...もう泣きたい。

夏休みになったらどうなるんだ。ボスケテーー



[PR]
# by asano_ha | 2016-07-13 23:04 | 子育て | Comments(0)

つらい、からの、つらい。



前回の「つらい」という記事から引き続き「つらい」現状。

今回の「つらい」は
先週金曜の長女発熱→長女嘔吐→次女の鼻水悪化→次女発熱→次女嘔吐→回復したはずの長女嘔吐→次女高熱→次女座薬……

・その間最前線で看病するわたしもれなく風邪うつって体調悪い→腹痛で寝かしつけ中断

・仕事休んで看病手伝ってくれて嫁の腹痛のせいで中断した寝かしつけを代わってくれた、もともと体調悪い夫→腹痛


前のブログから合わせてこう書いてしまうと、もう全然いいことないみたいですが、長女の幼稚園生活も軌道に乗っていてめっちゃ良い感じです。わたし厄年真っ最中ですが、めっちゃいい感じなんですよホント。鼻の下のニキビ治りませんけどめっちゃいい感じよ。


長女は思ったより嫌がらずに幼稚園に行ってます。
「幼稚園は好き。でもおかあさんと離れるのがイヤ」という感じで朝は泣くことが多い。
でも幼稚園の歌を歌ったり先生の話を積極的にしてくるので、それなりに楽しんではいる様子。


次女は最近「コワイ」という単語を覚えてとても面白い。
天狗を見て「コワイ」と言う。
貞子を見て「コワイ」と言う。
使い方正しいんかい。

今日は抱っこひもで抱っこしようとしたら、

「オッブ!」

と言っておんぶを要求してきた。
普通なんやろうけど、長女のときにくらべて言葉が出はじめるのが早いからびっくりする。
言葉が遅かった長女も、今やかなり達者です。

いかに発達に遅い早いが関係ないか思い知る。
そう、長女のオムツは未だ外れる気配なし。


そんなわけで奥井家にバイキンが舞い降りて早1週間がたっています。
座薬の効果が切れた次女の体温はいかに。
[PR]
# by asano_ha | 2016-06-09 23:52 | 日々 | Comments(0)

つらい



3月中旬から末までは、夫の仕事の繁忙期。

今までその時期は子ども連れで実家に帰っていたので、今年が私のはじめての「繁忙期デビュー」。
3週間くらい夫は休みなし。
朝から夜遅くまで家に帰ってこない。
果たして大丈夫かしら、一人で育児家事できるかしらと相当気をもんでいた。

が、

覚悟を決めていたせいか(大げさ)、
お風呂の受け渡しタイムだけは夫が帰宅してくれたせいか、
そこまでてんやわんやにならずに、無事に繁忙期を終えられた。



さぁ打ち上げに焼肉でも食べに行こう
暖かくなってきたしいっぱい出かけよう

と思っていた矢先、夫が風邪をひいた。
もう一週間以上前に。まだ治らない。つらい。



ただの風邪じゃない。細菌性の風邪やって。
だからなのか、熱があがったりさがったりするし、すっごいしんどそう。
それが一週間以上やで。
夫は、子どもたちや私に移すまいと自ら隔離生活。
イコール、わたしは子どもたちと密着生活。←わたしだけ繁忙期延長。

いや、つらいのは夫自身だ。
そしてお父さんと遊べない娘たち、イライラしたお母さんにおこられる娘たちも相当かわいそうだ。
めんごめんご。
マグマグを床におもいっきり投げつけてごめりんこ。



こういうとき、自分のふがいなさを後悔したり責めたりすることはもう無意味なので、
具体的に何か手抜きする方がよっぽど有意義ですよねー。
イライラするのは自分のせいじゃない。状況のせい。そうそう。


さぁて。なんの手抜きをしてやろうかなー。
ケンタッキーってデリバリーやってるんかなー。
[PR]
# by asano_ha | 2016-04-07 14:04 | 日々 | Comments(2)

Nのために


保護している「Nのために」最終回の録画を、また見た。

何回見てもいいわ~
のぞみのお母さんの演技がいいわ~泣かせるわ~
家入レオの曲かかるタイミングが絶妙やわ~染みるわ~
あと安藤ええやつやわ~
安藤役の俳優さん顔が苦手やけど、安藤がいいやつやから好きやわ~

「前を向いて生きろよ!その方が杉下らしいから」


ええやつやわ~


顔は成瀬くんの方が好きやけど、ええやつやわ~~



NのためにのDVDボックス欲しいな。

Nのためにと最高の離婚を超えるドラマが見たい。光夫~~
[PR]
# by asano_ha | 2016-03-25 00:24 | 日々 | Comments(0)