ブログトップ

あさのは

asanoha2.exblog.jp

連休おわり


次女から風邪うつった。
頭がグワングワンしてる。
そして早く寝てやろうと床についたけれど、そこで不思議な現象がおきた。
頭がグワングワンしてるので身体は寝たがっているのに、脳みそが寝たくないと言っている。
頭がグワングワンしてるのだから脳みそもグワングワンしてるんじゃないかと思うのに、脳みそはまだネットでハーブティーについて調べたりKindleで松本清張を読みたいと言っている。
こうしている間にも身体はまぶたを塞ごうとしてくるのに、まだブログを書きたい脳みそがいる。

こうやって人は金縛りに遭うのだろうなァと思う。


[PR]
# by asano_ha | 2017-11-05 19:46 | 日々

4才10ヶ月のおねしょ事情



長女のオムツが外れて1年以上たった。

おしっこがトイレで完璧にできるようになり
うんちがトイレで完璧にできるようになり
夜寝ている間におしっこすることがなくなり

さぁこれで完全にオムツが外れた!グッバイオムツ!

と喜んでいたのが今年の3月くらい。
このとき長女4才3ヶ月。


しかしこのひと月後、彼女は寝るときだけオムツをはくことになった。
なぜなら週3でおねしょするようになったから。

カムバックオムツ。オムツアゲイン。

(このときの私の葛藤ったらなかった。パンツで寝られるようになったのに、またオムツを履かなければならないことによって長女の自尊心が傷つくのでは?オムツを履くことによって退行してしまうのでは?などなど)


それから早7ヶ月。
現在4才10ヶ月。
一向に減らないおねしょの回数。
なんだったら回数増えてる。
打率6割くらいになってる。
寝起きのオムツ、2才の次女よりどっしり重たいときある。
これって、いわゆる夜尿症?
このままやったら夜尿症になるよな?
それやったらそれで打つ手があるからいいか?
もしくは、長女は小柄で3才くらいの子と体格かわらんから、その分膀胱もちっちゃいから、おしっこ溜められへんだけ?
はたまた、早く寝かせ過ぎ?
年長になってからのお泊まり保育で切ない思いをするが大丈夫か?

「起きたらオムツがぬれている」ことにたいしても、本人はあまり気にしていない様子。
おねしょしないように「寝る前にトイレいく」とか「寝る前はお茶を飲み過ぎないようにする」などの努力をするわけでもなく。
わたしが、説明したり、放っておいたり、脅したり、「おねしょしなかったらシールをはってね☆」というご褒美制度を設けても、我関せずといった態度。


モヤモヤ。
長女のおねしょが私の悩みの種であった。



それが10日ほど前のある日の、ある朝。

「おかあさん、まちがってパンツで寝ちゃった」

と言ってきた長女。
見るとしっかりパンツを履いてる長女。
しかも、おねしょしていない、乾いたパンツ。

「ほんまや。でもおねしょせーへんかったやん」
と言ったら、めちゃくちゃ嬉しそう。

「パンツで寝た。おねしょしなかった!」

たった一回のその出来事だけで、今はすっかり、パンツで寝ています。
おねしょせず、です。

打率6割だったバッターが急に打撃不振なのです。


今回の件で、こどもが持つ底力みたいなものをかいま見た気がする。
大人があーだこーだ、あれせぇこれせぇ言うたところで意味がない。
こどもが自分で「こうなりたい!こうしたい!」と思わないと意味がない。
大人がこどもに「こうなりたいやろ?こうしたいやろ?」とあざといアピールをする必要すらない。
大人はこどもの持ってる底力を信じるだけでいいのかもなぁと仙人のように思いました。
わしはそう思ったんじゃよ。


とか言って今晩おねしょするかもしれない。

そのときに私が仙人でいられるかどうかは、また別の話なのじゃよ…




[PR]
# by asano_ha | 2017-10-28 21:43 | 子育て

夏休み奮闘中のすべてのお母さんへ。


大げさなタイトルをつけてしまった。


幼稚園が夏休みに入って、30日が経過しました。
24時間こどもとべったり、という環境におかれて30日が経過しました。

次女(2才9ヶ月)などは私のことを「いつでも暇な人」と思っているらしく、気軽に「おかあさん見といて〜」などと言い、わたしの視線を独り占めするだけして、その「見ておいてほしい内容のことはなかなかしない」という視線の無駄遣いをよくさせられますが(そんなときの私の眼光はかなり鋭いものと思いますが)

思いのほか煮詰まることなく夏休みを過ごせています。



そのことがとても嬉しく誇らしい気持ちでいたのですが、今日久しぶりに育児をしていて泣いた。




ぼよよ〜〜〜〜〜〜〜ん





わたしの気持ちにいちばん近い擬音はもう、ぼよよ〜〜〜〜んなのです。




なぜ泣くに至ったかを細かく書いていたのですが「人様にとってはどうでもいいわ!」と思って全部消した。
なので簡単にだけ書く。


昨日の夜「そうだ、明日は電車で児童館にいこう!」「いいねいいね!」
  ↓
朝、警報が出るほどの雨
  ↓
「児童館は行けなさそうだから、買ってあるお菓子の家キットでも作ろうか」「いいねいいね!」
  ↓
「雨やんできたからお菓子の家やめて児童館いかへん?」「いやや!!!」
  ↓
お菓子の家作りに必要なチョコの湯煎がなかなかできない
  ↓
湯煎のお湯が沸騰してもチョコとけない
  ↓
チョコ、レンジでチンしてみる
  ↓
チョコ超焦げて臭いし目にしみるレベルのゴミと化す
  ↓
「お菓子の家できひんかった〜〜〜」母涙。








迷路があってねぇ。

まっすぐ行ったらゴールできる簡単な迷路でねぇ。

予定通りまっすぐ行こうとしたんですよ。したらね。
目の前に三角コーンが現れて通れないんですよね。
それを迂回してまた続きを行こうとするんですけど、また三角コーンでてくるんですよ。
それを迂回して、また迂回して、
迂回して
迂回して
迂回して
行った先が行き止まり、みたいなね。







ぼよよ〜〜〜〜〜〜ん




そうしてわたしは夫に育児を放り投げた訳です。


なんなんでしょう、更年期かな?若年性の?
最近夜不安になるんですよ。
ミサイルとか頭おかしいやつとかサイコパスとか地震とかが襲って来て、もう平和に暮らせないんじゃないかって思って怖いんですよ。
更年期にそいういう症状あるでしょう。

まぁ今日の感じもホルモンの仕業やと思うので、なにか日常気をつける事を調べたら。

「スイーツやカフェインはイライラがひどくなるので控えましょう」とのこと。



スイーツとカフェインだけを頼りに生きとるんじゃ!!!!!



とケータイ投げたくなりましたが、ちょっと気をつけてみようと思います。
いまジャイアントコーン食べたばかりで言うのもなんですが。

あ、でもね、夏休みもあと10日ほどですし。夏期保育もちょっとあるし。
夏休み奮闘中のすべてもお母さん、いっしょにがんばりましょう。



 * * * * * *



ところでKindleを買った。

電子書籍ですね。




唐突にKindleデビューしてみました。



わたし人並みに読書は好きですよ。
毎日お風呂で20分くらい東野圭吾を読むのが、一日でいちばん好きな時間です。

「12時間の育児ストレス」が、「20分の入浴中東野圭吾」でやや帳消しになるくらい、読書は癒しのひとときです。

でもKindle、耐水性はないみたいなんですよ。
だからお風呂では読めません。
お風呂で読むのは古本屋で200円で買った東野圭吾です。
湿気でくったくたになって、読み終えたら捨てるんです。
Kindleくったくたになって、捨ててたらアホです。


ということは、唯一の読書タイムで読む本はKindleでは買えない。
お風呂で読む本は今まで通りブックオフに買いにいかんとダメなんです。
じゃあKindleはどこで読むために買ったのか。





寝室ですよ。


なんでこんなに溜めたのかわからんくらい標準的な答えですけど、寝室ですよ。


寝る前にねぇ、読書をしたかったんです。
今まではスマホいじって寝てたから、いかにも体に悪いでしょう。
自律神経にも、それこそホルモンバランスもダメになりそうでしょう。

それなのに我が家には、暗い寝室で本を照らすべき照明がなかったんです。
いや、ひとつあるんですけど、それは夫のミシン用なんです。
私の本を照らしてはくれないんです。


でもKindleはね、自分で光りますから。
画面が自分でビカーっと光りますからね。照明がいらんのですよね。

だからKindle買いました。



書いてるうちにKindleより照明買った方が安上がりやったやんって思い始めたけど、もういいやん。



 * * * * * * * *


Kindleレビューですが、アンチデジタル人間でも想像以上に抵抗なく使えます。
画面がスマホとかパソコンとはそもそも違う仕組みになってるらしく、見た目「紙」です。



唯一気に食わないのは、Kindleで本を読んでいても「読書をしている人」には見られないこと。
「スマホいじってる人」に見られること。
別にどこの他人にそう見られてもええけど、子どもには「スマホいじってる」と思われたくない。


「母はよく本を読んでいました。母の影響で私も本が好きになりました」
大きくなって娘たちがそう言ってくれるのが夢です。
でもKindleではそう言ってくれません。
実際は読書をしていてもスマホいじってるようにしか見えません。
なので今後KindleのKindleらしさを消すために本屋のブックカバーをKindleにつける予定。
Kindle何回言うねん。



余談。

Kindle unlimited(ネーミングかっこええなぁ)という読み放題サービスが1ヶ月無料体験できるので、もさもさ読みまくって「彼女がその名を知らない鳥たち」を読みました。めっちゃおもしろいー!と思ったら秋に映画公開するそうです。映画いきてぇ。一人で映画館いきてぇ。




「彼女がその名を知らない鳥たち」が面白すぎて夜寝られず、そのせいでイライラして今日泣いたとかは考えないようにしています。

ちがうし!ホルモンやし!
[PR]
# by asano_ha | 2017-08-18 21:17 | 日々

育児で後悔してること



長女が2才前のときに、三輪車を買った。

無印良品の白い三輪車。
シンプルでめっちゃかわいいやつ。
現品限り、ということで安くなっていて、夫も私も一目惚れで衝動買い。
こりゃいい買い物をした。



ところがどっこい。
その三輪車を「シンプルでめっちゃかわいい」と思うのは大人だけで、こどもは「アンパンマンとかミッキーさんのに乗りたい」と思っていることに、最近ようやく気づいた。
遅い…


スーパーや公園にとめてある、よその子のキャラクター三輪車に乗りたそうにする次女を見るたびに心が痛む。


ごめん、こればっかりは、キャラクターのにすればよかったと思ってるよ。
アンパンマンきらいやから、せめてミッフィーちゃんくらいのやつにすればよかったよ。
大人のエゴで、無印の、しかも白にしてしまったよ。
なんの遊び心もないよ。


しかも無印の三輪車、乗り心地も悪いような気がするよ。
乗り心地っつーか、押し心地?
他の押したことないけど、クッション性悪い感じやし、ぐらぐら蛇行するし。
あの三輪車がひとりで乗れるようになる頃にはもうストライダでいいし。
あんまり買った意味なかったな。



もし娘たちが将来育児をするようになったら、こればっかりは口を酸っぱくして言いたい。

「三輪車はキャラクターついてるやつを買ってやれ」と。
[PR]
# by asano_ha | 2017-05-27 21:46 | 子育て

いちご狩りに行って来た2017


いちご狩りに行って来た。
うまれてはじめて、いちご狩りに行って来た。


今回訪れたのは八幡市にある「おさぜん農園」というところ。
なぜここを選んだのかというと、「ともだちが行っていたから」だ。

なにぶん初めてのいちご狩りなので、どの農園が信用できるのかわからない。

「信用できない農園」が存在するのか知らないが、ぜんぜんいちごないやんけ、とか、いちごあるけど全部青いやんけ、とかいう悲しい事態がおこりそうな気がしたので(インケツ)ここは口コミで確実なところをチョイスした。


大人2000円
3才〜小学生1500円
という値段設定。
2才の次女は無料。

4人で5500円。
たっけーなー。

4才の長女と、小学6年の男子が同じ1500円とられるのは解せない。
そこもうちょい細かく区切ってくれへんやろか。


かばんの持ち込み不可で、持ち込みたい荷物(貴重品、カメラ等)は農園の透明のバッグに入れなければならない。
あの、小学生のプール用のバッグみたいなやつ。超スケルトン。
いちごをこっそり持って帰らせないためなのはわかるけど、なんか気ぃ悪いぞ。
他のところもそうなのだろうか。


50分で食べ放題ということで、ビニールハウス(暑い)に入ってスタッフの方にいちごの採り方をレクチャーしてもらいスタート。

念のために前もって「いちごを採るための糸切りばさみ」と「練乳をスムーズにつけるための紙コップ」を持参してきたのだけれど、結果糸切りばさみは不要、片手でいちご簡単にとれる。なんだったら2才の次女でも上手に採れる、あんた前世いちご農家?と思うくらい簡単に採れる。

練乳を入れた紙コップをひもで首からぶらさげ、こどもが自分で練乳をつけられるシステムを夫が考案。
それはとても良いアイディアだったけれど、結果的に練乳いらんってなった。
なぜならいちごが甘いから。
我が家でいちばん甘党の長女も、最後は練乳なしで吐きそうなくらい食べてた。


紙コップを首からぶら下げる技は、練乳入れよりも「へた入れ」として大活躍。
「へた入れ」用の紙コップは農園からくばられるのだけれど、

さぁ想像して。

それを片手に、もう片方の手でいちご採って、こどものいちごのへた取って、たまにスケルトンバッグの中からカメラ取って撮影する、というのはなかなか面倒くさい。


ところが!

へた入れを首からぶら下げるだけで両手があき、とてもスムーズにいちごを食べることができる。
へた入れを首からぶら下げるだけで、食べられるいちごの量は1.6倍増しになる計算だ。
へた入れを首からぶら下げて、今後いちご農園荒らしとしてその名を轟かせようと思う。



50分の時間制限の、およそ25分くらいの時点でおなかいっぱいになった。
50分ってけっこう充分な時間やった。
残りの25分間でもういっかいおなかを空かせて、最後結局かけこみ食べして終了。

終了してから、ひとつのビニールハウスのなかに何種類かのいちごがあったことに気づいた。
おっと。同じところでずっと食べてたよ。おっとっと。



いちご狩り。

ぜったい2000円分のいちごをスーパーで買って来た方がお得やって!とおもってたけれど、そんなことなかった。
採るのが楽しいし、なにより甘いし。甘いのみつかるとめっちゃ嬉しいし。
4人で5500円の価値あるかも。


あ、来年は7000円か。
たっけーなー。



余談ですが、おさぜん農園。

お手洗いが簡易式というのか?工事現場とかにあるようなやつだった。
もちろん和式。
うちの長女ふくめ最近のヤングは和式で用を足せないので、そこはぜひとも改善してもらいたいなーと思う次第。
いちごたらふく食べると尿意もよおすしね。

長女はその日〜翌日にかけて、異常なペースで尿意をもよおし、過去最多数のパンツが洗濯されましたとさ。
[PR]
# by asano_ha | 2017-04-13 15:17 | こどもとおでかけ