ブログトップ

あさのは

asanoha2.exblog.jp

塔の島ツーリング




連休最大のイベントは
今日のこの、のびきったゴムのような一日。








「何かゆるい事をやろう」

ある日の早朝、USKさんから、そんなお誘いを受けた。


「何をするか」「どこへ行くか」全然決まってない。
でも何かやろう。しかもとびっきり、ゆるい事をやろう。


メンバーは、USKさん・もみじくん・私の3人。
チーム名は「もぐらは」。

この時点でだいぶとゆるい。
楽譜で言うと短調、
カセットで言うとB面、
リップクリームで言うとメンタームってかんじ。


様々な討論や、すったもんだも特になく、
「行き先は宇治でいいんじゃない」ということに
すんなり落ち着いた。 ゆるい。



そして今日、朝9時半、山城大橋のコンビニ集合。
集合場所からして宇治じゃない。城陽や。ゆるい。

空もどんよりとしたいいお天気。
降水確率40%。


とりあえず今日の目的地、「塔の島」までカブで行って
(移動距離8キロくらい)

それから島を頻繁に出たり入ったりして歩いて散策。
もみじくんは巧妙な伏線をはったボケをくり出してた。
我々はもうひれ伏すばかりであった。



おひるどき
京都っぽい豪華懐石や
おしゃれカフェでのリッチなランチの可能性をことごとくうち消して
サークルKでお弁当買って、太陽が丘の地べたで食べた。

リーダーUSKさんは食後のかぜ薬飲んで、横になってゆっくりしてた。
ゆるい。



ゆるゆるの昼下がりの空気を打破して、
宇治最後の砦・天ヶ瀬ダムへ向かうも
別にこれと言った見所があるでもなかった。

おい、最後の砦よ。



「つり橋が見たい」という橋中毒におかされたリーダーの希望で
すぐ近くのつり橋を見に行った。

したら、車のバッテリーがおかしなってるおじちゃんを発見、
リーダーが匠の技でおじちゃんを救出。
わきあがる笑顔。
こぼれでる歓声。
見知らぬ者同士に一体感が生まれた瞬間であった。

その中心にいた匠の背中のリュックには
チーム公認マスコット・ひこにゃんのピンバッチが輝いていた。

ゆるい。




ひとつとしてピリッとした事をしないままに、夕食会場のガストへ移動。
さんざん「塔の島」とか「太陽が丘」とか「天ヶ瀬ダム」とか行っといて
ガストの滞在時間がいちばん長かった。
そんで濃かった。

もみじくんが神がかり的な特技を披露してくれた。
もう彼にはたちうちの仕様がないのだ。




c0186262_0322925.jpg






今日をふりかえって
なんていうか、流れてる空気の生ぬるさがすごかった。
「もぐらは」は溶けたマーガリンみたいな感じやった。
この気の使わなさは何なのか。共通点はカブしかないのに。

発起人USKさん、ホームランバッターもみじくん
楽しい時間をありがとう。
次回は人生ゲームとかがしたいです。






ところでガストは宇治やなしに京田辺市やった。

ぐずぐすやな。
[PR]
by asano_ha | 2009-09-23 00:33
<< 連休総括 話せば長くなる >>