ブログトップ

あさのは

asanoha2.exblog.jp

無職の感想、無職の今。



無職になって早10日が経ちました。
はやいもんです。



ふしぎなもんで
仕事辞めてからの方が、ずっと料理できてる感じがあります。


5kgの茹でキャベツ絞ったりだとか
バナナ140本ひたすら切るとか
大量調理は、そういう「作業」の連続でした。

「作業」「作業」「作業」…の末に「食事」が出来てた。
270人の食事を作るための、2~3人で「こなす」作業の連続。



今はひとりで
「切る」「茹でる」「煮る」「焼く」…の行程をやった末に「食事」が出来てる。
たった3人の晩ごはん。

たった3人やけど
それは「作業」じゃなくて無機質じゃない。
何より料理が楽しい。




大量調理が「作業」にしか思えなかった自分が未熟やっただけなんやけど
単純に料理がうまくなりたい、料理上手なお母さんになりたいっていう
今の自分の欲求を叶えるのには

自分の母親と料理をするのがいちばん間違いないのかなァ
なんて思い


うん、でもそれ以上にきっと
母と二人で相談しながら料理をする今の時間がとても幸せなんですね。

欠けていた穴を埋めるみたいに
母からひとつひとつ教わって
娘が母を越えるために必要な時間をもらっています。





って言って無職の今を正当化してみましたけどね。
どうでしょう。

何を言おうととりあえず今、保険証がありません。



これが無職の現実ですね。
[PR]
by asano_ha | 2010-07-28 20:12
<< ラジオ体操第2 あまりに興味がなさすぎる >>