ブログトップ

あさのは

asanoha2.exblog.jp

憧れのトレンチコート


10〜20代の頃トレンチコートに憧れていた。
今まで3着のトレンチコートを持っていた。
しかしいずれも似合わなかった。
毎回似合わないかもなぁと思いながら買い、
案の定似合わなくて着なくなる。
なんつーか探偵っぽくなる。
自分はトレンチコートを着ると探偵になるのだと思い、
憧れながらも近づけない存在だった。

それなのに、先週懲りずにトレンチコートを試着した。
そしたら似合ったのだ。
た、探偵じゃない…!
いっしょにいた次女も「おかーしゃんカワイー!」と褒めてくれるではないか!

出産し、30代になり、小花柄や丸襟や水玉やパフスリーブが似合わなくなった代わりにトレンチコートが似合うように(少なくとも違和感がない程度に)なったのだ。

これはかなり嬉しかった。
ずっと憧れていた人が振り向いてくれたような感じだ。


嬉しかったけど、正直今トレンチコートそこまでほしくない。
ボタンいっぱいついてる感じとか、パーツ多い感じとか、昔ほど惹かれない。
憧れていた人が昔の輝きを失っていたような感じだ。

どっちかって言うとステンカラーとかもっとラフな感じのほうが流行りなんじゃないの?と思って、そっちも試着した。

次女は言った。
「それはカワイーっぽくない」

子どもは正直だ。

トレンチコートへの憧れを失い、ステンカラーコートに失恋した。

なので今はスプリングコート難民です。
春一番がみにしみる。


[PR]
by asano_ha | 2018-03-01 12:21 | 日々
<< 寝ても寝ても眠い 次女の不調さらにその後 >>