ブログトップ

あさのは

asanoha2.exblog.jp

<   2018年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

低身長、地震



結局ググる指を止められずに低身長について調べてしまい案の定不安になって小児科を受診したのだった。

次女の身長を書いていなかったが3才7ヶ月で85センチです。
平均だと95センチくらいなので、10センチ小さい。

かかりつけの小児科を受診したところ言われたのは
「4歳になってから血液検査をして、必要があれば大きな病院で診てもらいましょう」ということ。
4歳まで待つ理由は「検査が負担になるものだから」。
もしホルモンの関係で低身長なのだとしても「ちいさい大人になるだけ」らしく、病気にかかりやすくなったり不都合が出るようなことではなさそうなニュアンスだったので、ちょっと安心した。

「家族性低身長っていうのもありますしね〜」って先生、きっとそれやと私がいちばん思ってますよ。遺伝やんな?要は遺伝やんな?


「ちいさい大人」になることはやぶさかでないのに、
「4歳になったらとりあえず血液検査してみましょう」と言われ
「あーやっぱもうちょっと心配しとかなあかんのね」みたいなもやっとした気持ちです。


そんな矢先の大阪北部地震でした。


もう小さいのとかどうでもええ。生きてたらなんでもええ。
震度5強って怖いねぇ。しばらく足震えたわ。
モノが落ちたりお皿が割れたりということは一切なかったけれど、とにかく家が古いので、まじで家潰れると思って避難所生活してました。
避難所生活。
えらいこっちゃ感が満載な言葉。
震度5強の地震が本震ならいいけれど、もしかして前震かも…むしろ前震って可能性が高いかも…震度5強よりでかいやつが来るかも…っていう情報が出回って、2〜3日は避難所で過ごそうと決めたのでした。
ところが地震におびえる我々家族を取り残して日常を取り戻していく世間、テレビすらサッカーのことばっかりやってるみたいな状態に、まじでうちら横井さん状態やなと感じていました。
したらタイムリーなことにワンピースが横井さん揶揄して謝罪してて、親近感と罪悪感のまじった気持ちになりました。

結局横井さん状態(まだ言う)が耐えられなくなって2日ほどで避難所生活を終えました。
乾パンにハマった2日間だった。


いまも毎日気象庁の地震情報はかかさず見るけれど、すっかり日常が戻ってます。
日常が平和で嬉しい気持ちと、
「喉元すぎて熱さを忘れててはいかん!」という気持ちで、とりあえず放置していた家の耐震計画を本気で進めなければと思ってる。
究極はテント生活。





[PR]
by asano_ha | 2018-06-27 22:57

次女 ちっさすぎ問題



幼稚園の内科検診があった。
その結果は今朝知らされた。

「お医者さんいわく、体は健康で問題ないんですけど、身長が低いので一度大きな病院で検査されてもいいかもとのことです」

先生が遠慮がちに伝えてくれたよ。

「お母さんもお父さんも小さいので遺伝だと思うんですけど…」

あっ先生もお父さんが小さいの意識してたのね。
先生ついオブラートに包まずに本音出たね。



そう、次女はクラスでいちばんの低身長なのだ。
1才10ヶ月のいとこと同じくらい小さいのだ。
カフェカブで8ヶ月の男の子より手が小さかったのだ。
2才の誕生日のときに「1才になったの?」と聞かれた伝説を持っているのだ。
この年で1才サバ読めるってなかなかない。


それこそ2才のときに心配になって病院に相談に行ったことがあった。
そのとき既に成長曲線からは外れていたと思う。
そのとき「3才になったとき9,5キロあればとりあえず問題ないでしょう」と言われ、実際3才になったとき10キロ近くあったので、もう自分の中で「次女ちっさすぎ問題」は解決していたのだった。

でも違った。
常につきまとうやんけ、ちっさすぎ問題。
長女もクラスで1、2を争うちっささやけど、内科検診でひっかかったことはなかったな。
となったら遺伝のせいばかりにもしていられない気がしてきた。


2才の受診のときに言われたのは
低身長は成長ホルモンかなんかが出てない?少ない?かなんかが原因なので、適切に治療すれば大丈夫みたいなこと。
記憶と知識が超あやふやなのは、調べれば調べるだけいたずらに不安心が大きくなりそうなので、「低身長 治療」とか「3才 身長」とか一切検索してないからです。
今月末3歳児検診を受けるので、そのとき相談してこよーっと。

それまでオーケーグーグル!とか気軽に話しかけないようにしよう。




[PR]
by asano_ha | 2018-06-07 13:26 | 子育て