ブログトップ

あさのは

asanoha2.exblog.jp

抜けた乳歯どうするか問題


年中クラスでは、春生まれの子は徐々に歯が抜け始めている。
はやいよねーはやいよ。
自分が子どものときはそんなん小学生なってからじゃなかった?
原因は食の欧米化?環境ホルモン?
なんか知らんがいい傾向ではない感じする。

それはそれとして、長女がこんなことを言い出した。 

「Aちゃんが抜けた歯を枕の下に入れておいたら、妖精さんがお菓子にかえてくれてたんやって!わたしもやりたい!」


初耳である。

歯とお菓子を代えてくれる妖精?
お菓子よりも子供の歯が欲しい妖精?むしろ妖怪…?

調べたらトゥースフェアリーというものらしい。
イギリスの。歯の妖精。きっしょ。

抜けた乳歯は、下の歯は屋根に、上の歯は庭に投げるものだと、それが日本の伝統だと思っているので長女の提案には乗れねぇ。
長女が「妖精さんに来てほしいから☆」という理由ではなく「お菓子が食べたいから」という理由によりやりたがっている気がするので余計に乗れねぇ。
そもそもこの家に妖精はいない。
いたとしても座敷わらしみたいなやつ。



ほんま余計なことしてくるよなー異文化の波を利用して儲けようとしてくる奴ら。歯ぐらい素直に庭に投げさせろよこんちくしょう。




[PR]
# by asano_ha | 2018-02-06 20:53 | 子育て

ピンポン15年ぶりに見た



冬ドラマでアンナチュラルがいちばんおもしろい。
(ファイナルカットもある意味おもしろいけどな)


おもしろいわ〜アンナチュラルおもしろいわ〜
 ↓
井浦新かっこいいわ〜これから好きな芸能人は井浦新って言お〜
 ↓
ピンポンに出てたころの井浦新見よ〜
 ↓
久しぶりに見たら台詞回しとか恥ずかしいわ〜
漫画が原作って感じやわ〜
窪塚若干さむいわ〜
荒川良々ぜんぜん老けへんわ〜
 ↓
佐藤二朗でてる!
三輪明日美でてる!
染谷将太でてる!子役やん!ほりだしたわ〜〜
 ↓
ていうか脚本宮藤官九郎なんや。
台詞回し恥ずかしいとか思った自分が間違ってる気になってきた〜
じぇじぇじぇ〜〜





[PR]
# by asano_ha | 2018-02-03 22:56 | 日々

ファイナルカット



亀梨くんのカッコイイ復讐劇を気色悪がって見るドラマなん?

「これがあなたのファイナルカットです」の、よわいよわ〜〜い決め台詞にたどり着くまで亀梨くんの演技に鳥肌が止まらない。
眉毛濃い。




[PR]
# by asano_ha | 2018-01-31 06:12 | 日々

「○○って言うんだよ」→「○○って言いたかったんだよね」


こどもが自分の気持ちを言葉で言う・言えるようになることは、とても大事だと思っているので、そこんとこはちょっと重要視していた。

でも全然言えない。

例えばジュースをおかわりしたいとき。
空になったコップを無言で出してくるだけ。
いやいやいや亭主関白かよ。
「おかわりちょうだい」って言えよ。
わかるけど、わかるけど。察することはできる範囲やけど。
気持ちを言葉で言えるようになってほしいよ。

そういうときに私は「おかわりって言うんやで」と言っておかわりをあげていた。
それで少しずつ言えるようになる、正しい関わりやと思ってたんやけど。
なんか今日、間違ってるんじゃないかと思った。

靴がはけなくてグズグズしてる次女に

(あー履かしてほしいんやなー履かしてって言えるかな〜言えよ言えよ〜)

と心で思って、ハタから見たら無視のような状態が続いてた。
それでも「履かせて」とは言えない次女。
たまらず「履かせてほしいの?履かせてって言うんやで」とちょっと強めに言ったら、次女がポロリと泣いた。

もしかして到底無理なことを要求してるのではと思った。
つまり「自分の気持ちを」「言葉に変換して言う」ということが5才や3才の子には発達上まだまだ無理なことなんじゃないかと。


幼稚園の先生にさっそく聞いてみた。
こういうときはプロに頼るしかないっしょ。

【以下、先生のこたえを私なりに解釈したもの】

・発達上無理ということはないが、
単に恥ずかしさなどの「気持ち」の面や、
幼いためにすぐに適切な言葉に変換できないなど、いろいろな理由でそれが出来ないことはあるであろう。

・そういうときの関わり方は「○○って言うんだよ」ではなく、「○○って言いたかったんだよね」「○○してほしかったんだよね」
・「○○って言うんだよ」だと「そう言えない自分はダメな子」ってなっちゃう。

・靴が履けなくて玄関でぐずぐずしているなら、「履かせて」って言うのを待つのではなく「履かせてほしいねんな〜」と言って履かせてしまえばいい。そうしているうちに自分で「履かせて」って言えるようになる。手を出すことで自分で靴を履く気力?能力?が削がれるのでは?→自分でやりたくなったら自分で履かせればいい。そのときは手を出さず、左右が間違っててもよしとする!



★ ★

「○○って言うねんで」はなかなかこっちの気持ちもギスギスするみたいで、言ってるうちに威圧的になる自分を感じていたところだったので(上司と部下みたいになるから)この先生の話は「あ〜もっと子どもに手を出してもいいんやな」という安心感はあったのです。

でも、腑に落ちないところもあって、やっぱ「そんな先回りして手を出してもいいの??」っていう思いはある。
親切と過干渉・過保護の違いはやっぱわからん。
普通に、自分が人にしてもらって嬉しいことは、こどもにもやってあげるべき?
こどもにそんな大人になってほしいのであれば、その手本を見せるべきやもんな?
コンビニのドアを次の人が来るまで開けておいてあげるのは「親切」で
幼稚園の荷物をぜんぶまとめてあげるのは親切じゃなくて「過保護」?
その線引きってなんなんやろう。
相手のためにやってあげるっていう思いは同じやけど、後者は本当は相手のためにならないんだよ的な?


眠たくなってきたので答えは出ません。
なんかもっとシンプルでいい気がするんやけど…




[PR]
# by asano_ha | 2018-01-29 23:10 | 子育て

3才2ヶ月次女のトイトレが全然始まっていない件



始まっていないというか、始める気がなかった。
もともとトイトレには消極的なのだが、長女のときに「あ〜トイトレってなんとかなるもんやな」という教訓(?)を得てしまったので、長女のときに輪をかけて消極的になってしまっていた。
だってめんどくさいもの、自分が。

しかしこれはちょっと呑気すぎたかなと今は思っている。
なぜなら次女の検尿をしなければならなくなったから。
3歳児検診だ。


オムツはずし問題も含めて、自分はこどもを「あかちゃん扱い」から「こども扱い」へ移行するのが苦手な気がしている。
気づいたら何でもしてあげてしまう。
服着せる、食べさせる、助ける。
親切と過保護の境界線はどこなんでしょうねぇ。
本人にやらせるように意識してるけど、無意識に手を出しているよ。
「差し出さず、拒まず」の精神でいるけど差し出すことの方が多いよ。


まぁ着替えも食事も幼稚園行ったらなんとかなるっしょ(教訓より)。


それはそうとトイトレはちょっとやる気を出そうと思う。
だって困るもの、自分が。
おしっこ持っていかないと怒られるもの。
市の保険師さんとか古い考え持ってる人多そうやし。
3才でオムツはずれてないとは何事かみたいな。
くそくらえと思ってますけど。
とりあえずホコリかぶってたおまるを居間に置いてみた。
ジョージ見ながらでもおしっこできるよ!
これでオムツはずれたらいいなぁ……!


まぁ幼稚園行ったらなんとかなるっしょー(結局それ)。



[PR]
# by asano_ha | 2018-01-21 23:16 | 子育て